Rhinoパートナー製品Rhino

ラウンドトリップ(渡して戻す)インテグレーション

インダストリアルデザイナーが機械設計要件を満たすサーフェスを作成するためには、 サーフェスアプリケーションと機械設計アプリケーション間でのシームレスなデータ交換が必要です。 Rhino と SpaceClaim のインテグレーションによって、上記ニーズを満足させることができます。

機 能

SpaceClaim Professional および LTX は 3DM ( Rhino フォーマット)をサポートしており、 機械系 3Dモデリング機能を Rhino ユーザーに提供します。 Rhino と SpaceClaim のインテグレーションによって、インダストリアルデザイナーは設計作業の流れの中での自由曲面作成を行えます。 Rhino で意匠的に正確なサーフェスを作成し、それを SpaceClaim に精度良く渡すことができます。

この Rhino と SpaceClaim のラウンドトリップインテグレーションによって、例えば、 インダストリアルデザイナーは Rhino で作成したサーフェスモデルを SpaceClaim に渡し、 サーフェスに合わせたリブやボスなどの 3D形状を自分で追加・変更できます。 その結果を Rhino に戻して仕上げることができます。そのため、設計部門ではより完成度の高いインダストリアルデザイン結果を受け取ることができます。

ベネフィット

SpaceClaim と Rhino は、幾何拘束のないナチュラルな環境という意味で類似性があります。 この組合せによって、短期に使用法を習得でき、インダストリアルデザイナーのワークフローも改良できます。 結果的に、製品をより早期に市場投入できます。

Rhino 用プラグイン

SpaceClaim が提供するプラグインを Rhino にプラグインすると、Rhino ツールバーにボタンが追加されます。 Rhino でサーフェス作成後にそのボタンを押すだけで、SpaceClaim が起動してそのモデルが渡ります。 SpaceClaim で機械要素(ボス、リブ、穴など)を追加後、その結果をサーフェスとして Rhino の元のウィンドウにスムーズに戻すことができます。 元形状との重ね合わせ表示をすれば、Rhino 上でそれらの比較や変更を行えるため、より高品質な結果を得ることができます。

動作環境

  1. SpaceClaim Professional 2008 または SpaceClaim LTX 2008 の SP2 以降、32ビットOS のみ
  2. Rhino 4.0
Robert McNeel & Associates について
Robert McNeel & Associates は 1980年に設立されたプライベートカンパニーです。 従業員がオーナーであり、セールス・サポートオフィスおよび関係会社が、 シアトル、マイアミ、ブエノスアイレス、ローマ、東京、台北、ソウル、クアラルンプール、上海にあります。 また、世界で合計 700以上の代理店、OEM先、トレーニングセンターがあります。

 


電話でのお問い合わせ。 ANSYS Discovery Live 体験セミナー
ダイレクトモデリングが劇的に効果を発揮する適用領域
操作を動画で見る
適用事例を見る
試してみる
メールマガジンお申し込み SpaceClaimの最新情報、セミナー情報を定期的にご案内!