ANSYSパートナー製品ANSYS

製品開発プロセスをオプティマイズ

SpaceClaim Corp. と、製品開発プロセスのオプティマイゼーションを狙ったシミュレーションソフトウェアと その革新的な技術をグローバルに提供している ANSYS, Inc. は、それらの組み合わせソリューショを提供します。
解析者がより速いプリプロセス、および解析結果に基づくオプティマイズのために、元の CADシステムとは独立した形で CADモデルの簡略化と変更ができます。 解析者は設計者に頼ることなく解析用モデルの準備、および繰り返し解析をより速いサイクルタイムで行えるため、高品質の製品開発に貢献します。

画期的な双方向連想性

  • Q: モデルのシステム間互換性の問題に遭遇したことはないですか?
  • SpaceClaim はそういった問題を解決します。 主要な 3DCADのネイティブファイルや業界標準ファイルのインポートが可能です。 エクスポートも、一部 3DCADファイルや全ての業界標準ファイルとして可能です。

  • Q: コンセプトステージでの解析のために、素早いモデリングを必要としていませんか?
  • SpaceClaim によって、いかなる場所へのスケッチと 思った方法でのモデリングが、シンプルなツールセットのみで可能です。

  • Q: メッシングと解析の前にモデル簡易化作業が必要なのに、モデルの持つ拘束条件やフィーチャー順での再構築時エラーのために、 その作業を行えなかったという経験はないですか?
  • SpaceClaim のパワフルかつフィーチャー考慮不要な形状編集機能によって、 元のファイルフォーマットや再構築エラーに惑わされることなく、その作業を完遂できます。

  • Q: 解析過程で、もっと目的に適った形状変更パラメータを利用したいと考えたことはないですか?
  • SpaceClaim は、形状変更権限を解析エンジニアに渡します。 つまり、ダムモデル(フィーチャーのない、形状のみのモデル)に対して、本当に重要なパラメータのみを設定できます。 解析結果に基づいてそれらを変更することで、解析エンジニア自らが意図に沿った形状変更を行えます。

SpaceClaim と ANSYS は完全な双方向連想性を持ちます。つまり、SpaceClaim 側で形状変更した場合でも、ANSYS に自動で渡されてメッシングされます。 また、解析条件の再設定は必要最低限に留めることができます。 これにより、繰り返し解析に要する時間を短縮できます。

機 能

SpaceClaim / ANSYS ソリューションは、解析者が CADに不慣れだったりモデルがどう作られたかがわからない場合に特に効果的です。 作られかたによっては CADで変更するのが困難なケースもまれではありませんが、SpaceClaim では作られ方を気にする必要なないからです。
ANSYS は、あらゆるタイプの解析用モデルをインポートできるというオープンなソリューションを提供します。 SpaceClaim は、主要 3DCADや業界標準フォーマットデータを開いて編集する機能をもち、上記の ANSYS のメリットをより効果的なものにします。 この組合せソリューションによって、設計者と解析者のコラボレーションが効率化され、製品のよりそ早期の市場投入を促進します。

シンプルなプロセス

  1. 解析者は、設計者から受け取った CADモデルを SpaceClaim にインポートし、
    解析準備のための形状簡易化や変更を行います。
  2. そのモデルに対して ANSYS で解析条件を設定してシミュレーションします。
  3. 解析結果を見て、必要な形状変更や追加をし、再度シミュレーションします。
    満足する結果が得られるまで、これを繰り返します。
  4. 完了したら、解析者はその変更されたモデルと解析結果を設計者にもどします。

また、モデル形状を変更するためのキーパラメータを設定し、解析結果でその値を駆動することによって自動オプティマイゼーションも可能です。 SpaceClaim では、関連する複数の要素を一つのセットとして取り扱うことができ、形状変更時もこのセットを維持させることができます。 このセットはいつでも設定解除できます。 元のモデルに存在していたフィーチャーや拘束はインポート後には存在しませんので、キーパラメータを変更した結果は意図に沿ったものになります。
このアプローチはオプティマイゼーションに最適です。なぜなら、キーパラメータは必要な時に必要なところに設定できるからです。 設計する過程で、解析オプティマイゼーションに使用するパラメータをあらかじめ予測して設定しておく必要はありません。

ベネフィット

このコラボレーションによって、より多くのエンジニアが 3Dの利点を享受できるようになります。 また、解析者にとっては、コア業務により集中することができるという利点があります。さらに、広範囲の開発チームに渡った生産性向上にも寄与します。

ANSYS について
当社取扱の、米アンシス社によって開発された汎用FEM連成解析ツールです。構造解析をはじめ熱・電磁場・流体などの各種解析やそれらの連成解析ができ、航空宇宙・自動車・機械・電機・医療工学など広範な分野において、世界中の企業・官公庁・教育機関で利用されています。
詳しくは http://www.cybernet.co.jp/ansys/ を参照下さい。

 


電話でのお問い合わせ。 ANSYS Discovery Live 体験セミナー
ダイレクトモデリングが劇的に効果を発揮する適用領域
操作を動画で見る
適用事例を見る
試してみる
メールマガジンお申し込み SpaceClaimの最新情報、セミナー情報を定期的にご案内!