動画ギャラリー

SpaceClaimの機能を紹介する動画を掲載しています。
アイコンのイメージをクリックすると、動画が再生されます。

動画をカテゴリ別に絞り込み表示する(AND検索です)





















Algoryx Momentum=旧Dynamics for SpaceClaim

0件中、0件表示しています。
アイコン 説明/特長 カテゴリ
ANSYS SpaceClaim 2017では、マイクロメートル等の微小単位への対応やフィルパターンの歪曲オプションの追加といったモデリング機能の強化に加え、新しい表示モード「フライスルー」の追加、図面機能や有償オプション「STL編集モジュール」の機能、スクリプト機能など、様々な機能が強化されています。 最新バージョン情報
フライスルーとパースを有効にするとモデルを内側から視覚化することができます。フライスルーが有効な画面でモデルを動かしたり拡大したりすることもできますし、別の画面で"カメラ"を移動することもできます。 最新バージョン情報
有償のSTL編集モジュールで使用可能な内部構造を作成するインフィル機能に、基本タイプとして新しい形状が多数追加されました。 最新バージョン情報
ブレンドやフルラウンド、パワーセレクトを用いたフィルの操作も記録できるようになるなど、スクリプティングの機能が強化されました。記録により生成されたスクリプトは、そのまま再実行するだけでなく、エディターで編集してから実行することもできます。 最新バージョン情報
箱の無動力シューターのシミュレーションです。90度回転する部位は箱の重さにより重心値が変化することで回転します。箱が無くなると、自重のみの重心値になるため、元の位置に自動で戻ります。 Algoryx Momentum
コインゲームのシミュレーションです。機構の動きと約100枚のコイン同士の接触などを見ることができます。 Algoryx Momentum
コインの自由落下のシミュレーションです。 Algoryx Momentum
無動力搬送装置のシミュレーションです。上に乗っているミッションの重さを動力源としてギアを伝ってタイヤを回転させます。台に到着した際にプローブが押されて、途中でミッションが落ちないようにしていたストッパーが解除され、同時に搬送装置が台に当った反動で戻らないように両枠からフックがフレームをひっかけます。 Algoryx Momentum
摩擦係数の違いによるシミュレーション結果を表示しています。 Algoryx Momentum
クランク機構をAlgoryx Momentum上で動かすまでの手順を示した動画です。わずか6手順にて設定が完了してシミュレーションが可能です。 Algoryx Momentum
回転式のパーツフィーダーのシミュレーションです。約180個のナットが互いに接触しながら供給口に整列していく様子を確認できます。 Algoryx Momentum
反発係数の違いによるボールの跳ね方のシミュレーションです。 Algoryx Momentum
エアーチャック駆動でのパーツをクランプするシミュレーションです。 Algoryx Momentum
ネジの自動供給機のシミュレーションです。約180本ほどのネジが互いに接触しながら、供給口に排出されていく様子を確認できます。 Algoryx Momentum
Algoryx Momentumの3つの大きな特徴である、非常に計算の速い「接触の自動計算」、ジョイント部を自動検出してくれる「ディテクトジョイント」機能、そしてジョイントに時間(タイミング)と力の大きさおよび方向を与えて機構を動かす「シーケンスエディター」などを紹介しています。 Algoryx Momentum
自転車のギアとチェーンをシミュレーションした動画です。チェーン同士はヒンジジョイントで結合され、ギアとチェーンは自動接触判別にて計算されています。シミュレーション途中でギア間隔を動かし、チェーンの張りやたわみの状態なども確認できます。 Algoryx Momentum
ヘリコプターのローターに自動でジョイントを与え、シーケンスエディターで力のタイミングを設定する手順やおもちゃのショベルカーが動く様子、飛行機の一部のハッチが空いてタイヤが出てくるシミュレーションなどが含まれた動画です。 Algoryx Momentum
Keyshotでレンダリングされた自転車のギアが切り替わる動きをシミュレーションした動画です。 Algoryx Momentum
ディファレンシャルギアのシミュレーション動画です。各々のギア同士の動きはギア歯の接触によってのみシミュレーションされています。 Algoryx Momentum
Algoryx Momentumの一般的な紹介のビデオになります。 Algoryx Momentum
色々な機構のシミュレーションをする集めたビデオです。 Algoryx Momentum
SpaceClaimで作成した図面をMICRO CADAMの図面に変換し、MICRO CADAMの豊富な作図機能を使って仕上げます。 他ソフトウェアとの連携
STLデータの修正、メッシュ同士あるいはメッシュとソリッドのブーリアン演算、異なる部品の分離など、3Dプリンター出力準備が手早く行えます。
※オプション製品「STL編集モジュール(3Dプリンタ出力準備用)」が必要です。
3Dプリンター用編集
欠落面コマンドで修正できない箇所に、手動で球状のソリッドを作成し、一体化させてソリッド化します。 修復/修正
形状が歪んでいるサーフェスが原因でソリッドにならないモデルをSpaceClaimlのクリーンナップ機能を利用して編集し、歪んでいるサーフェスを綺麗に作成し直してソリッドにします。 修復/修正
トップダウンアプローチにおいて、アセンブリの原点(ワールド原点)とは別に任意の場所を原点としてモデリングを開始し、作成したモデルの原点をその原点に設定する。 修復/修正
中間ファイルをインポートし、「穴の識別」コマンドを利用してSpaceclaimで穴を認識。図面へ移り、図面タブの「穴テーブル」コマンドを利用して穴の位置を座標で示した表を作成。(他のCADモデルの再利用) コラボレーション
歪んでいるフィレット面の再作成。フィルで面を作成するといったことではなく、部分的にフィレットを作成し直す。 3Dダイレクトモデリング
修復/修正
放電加工機用モデルの作成。対象部品のサーフェスからソリッドへのモデリング。カーブをフィッティングして形状を簡略化。 3Dダイレクトモデリング
サーフェスカーブ
「移動」コマンドのツールガイド「軸の半径方向に移動」の使用例。断面モードでのモデルの編集。 3Dダイレクトモデリング
3Dモデルからパーティングラインを作成して型を作成。勾配コマンド。 3Dダイレクトモデリング
測定
金型
製品のソリッド形状からサーフェスを抽出し、それを利用して治具をモデリング。 3Dダイレクトモデリング
治工具
多数のエッジで構成させているエッジ(CMMデータ)がある場合に、そのエッジの近似となるエッジを作成しモデリング。※CMM⇒三次元測定機 リバースエンジニアリング
製品からプレス加工で利用する型を作成。 3Dダイレクトモデリング
製造プロセス
金型
2012+におけるメッシュモデリングの強化ポイント。
読み込みオプションの強化、選択したメッシュ面への軸、プレーンのフィット、原点へのスナップ、プレーンでの分割、選択したメッシュ面へのシリンダのフィット、カーブのフィット、メッシュとソリッドの形状比較、メッシュ面への"ボディまで"。
リバースエンジニアリング
2012+におけるシートメタルの強化ポイント。
コーナーリリーフのフィル、円錐状ベンドの作成、ヘムオプションの強化、ジョグルウォールの回転、両方向へのウォール作成、フォームベントの展開、マイタコーナーのオプション強化、デフォルトベントテーブルの指定、変換機能の強化。
板金
2012+における図面の強化ポイント。
セマンチックデータムシンボル、破断図、部分断面図、溶接記号、半径寸法の短縮等。
図面
2012+におけるモデリングの強化ポイント。
パフォーマンスの向上、移動コマンド、ボディ分割等。
3Dダイレクトモデリング
2012+における使い易さの強化ポイント、要素等の選択方法について。 3Dダイレクトモデリング
2012+での新機能及び、強化ポイントの概要。
モデリング、オプション設定、図面、板金、メッシュモデリング。
3Dダイレクトモデリング
板金
図面
リバースエンジニアリング
SpaceClaimでモデルの簡略化、形状修正を行い、しMasterCAMへ渡す。⇒45分間のビデオです。 3Dダイレクトモデリング
修復/修正
他ソフトウェアとの連携
MasterCAMからSpaceClaimへモデルを渡し、SpaceClaimにてモデルの形状を変更する。変更後、再びMasterCAMへ渡す。 3Dダイレクトモデリング
他ソフトウェアとの連携
試作部門での3Dモデル編集。
必要部位の切り出し。パワーセレクト。3Dモデルに与えた寸法編集。
3Dダイレクトモデリング
測定
試作
部品表の作成、バルーンの自動作成、ローカル座標の変更。 図面
コラボレーション
DxFファイルから3Dモデルを作成。 2D図面とモデリング
勾配のある面をプルを利用して角度を編集。ビデオ内で指定している面(青色)を基準面としている。 3Dダイレクトモデリング
製造プロセス
金型
SharePointを利用した製品データの管理(PDM)。
サーバーの設定、作成データの保存、データのチェックイン、チェックアウト。
コラボレーション
エンクロージャーの作成、ボリューム抽出、中立面の作成(一定板厚のモデル、複数の板厚と勾配を持ったモデル。) CAE前準備
「縫い合わせ」、「欠落面」及び「ギャップ」を利用してソリッド化、フィレット除去、へこみ形状(刻印)除去、微小面除去。 修復/修正
ボリューム抽出コマンドで作成する3空間形状3パターン。 CAE前準備
モデルの空洞部分の空間形状をソリッド化。ビデオではいちど開口部分が全て選択されておらず失敗。開口部を検知し完成させる。 CAE前準備
下記の項目(製造、生産関連)
・勾配やリブなどのダイレクト編集
・2D DxFデータからの3D化
・金型設計
・シュリンクラップ
・鋳物部品の加工前形状準備
・治工具設計
・試作用モデル準備
・板金設計での3Dと板取の連携
・生産技術での3D-2Dシームレス検討
3Dダイレクトモデリング
2D図面とモデリング
板金
金型
CAE前準備
治工具
生産技術
3Dモデルの平面を動かして、2Dの断面の形状を変化させます。 2D図面とモデリング
構想設計
図面
生産技術
メッシュモデルからカーブを抽出しソリッドを作成。インポートオプションを利用してメッシュをソリッドとしてインポート。 リバースエンジニアリング
SpaceClaimの3DモデルをLive Link for SpaceClaimでCOMSOLへ渡します。SpaceClaim内で作成したパラメータをCOMSOLで再利用しモデルの形状を変更する。 他ソフトウェアとの連携
3Dモデルの簡略化。穴削除、モデルの内側の空間形状のソリッド化。(ボリューム抽出) 修復/修正
CAE前準備
ソリッドモデルをシートメタルモデルへ変換。 板金
レイアウト設計の例。ダッシュボードの中には様々なサプライヤから他のCADフォーマットのファイルが挿入されています。それらをSpaceClaimに取り込み、図面と3Dモデルを利用して編集しながらレイアウト。 3Dダイレクトモデリング
2D図面とモデリング
構想設計
図面
コラボレーション
自転車の詳細設計に利用されている事例。 3Dダイレクトモデリング
マルチタッチスクリーンによるモデリング。音楽が流れます。 3Dダイレクトモデリング
構想設計
3Dモデルを断面モードから与えられた寸法の数値を変更して形状を変更します。 3Dダイレクトモデリング
構想設計
ANSYSインテグレーション 修復/修正
ANSYSインテグレーション
CAE前準備
中立面の作成。作成後、中立面(サーフェス)の簡略化。 CAE前準備
サーフェス作成。3Dスプラインを使用したブレンド。3Dスプラインの編集。カーブのグループ化。面の置換。ゼブラマッピング サーフェスカーブ
プリンター構想モデルでの検討、変更。外装デザイン、内部メカ部品や板金部品の配置や形状検討。 3Dダイレクトモデリング
構想設計
RhinoからSpaceClaimを起動。PDFファイルを読み込んで、編集。IDF4.0の読込みサポート。材料物性の割り当て。 他ソフトウェアとの連携
円柱面への画像ファイルの貼り付け。映像ファイルの貼り付け。ゼブラマッピング。二面角表示。勾配解析。 測定
解析準備。読込んだモデルを修復。微小面削除。ラウンド削除。空間ボリュームの作成。作成したボリュームの更新。3Dマークアップ。 修復/修正
BOM。自動バルーン。任意断面図。累進寸法。 2D図面とモデリング
2009モデリング強化点の説明。
スケッチのスケーリング。断面上でモデルのスケーリング。曲面上にカーブ作成。面単位での色割り当て。2本のガイドカーブを使ったスイープ。3Dスプラインの編集。開始進路を使ったブレンドのコントロール。パッチブレンド。
3Dダイレクトモデリング
サーフェスカーブ
コンセプト設計。断面上でのモデリング。1つの部品を切り分けてアセンブリ化。スケッチをほとんど使用しない。既存3Dモデルを読込んで、編集。駆動寸法によるアセンブリ編集。BOM。図面への画像及び映像の貼り付け。 3Dダイレクトモデリング
構想設計
モデリング基本説明。
スケッチ作成と編集。サーフェスのソリッド化。ツールガイド。わずかなコマンドでモデリング(プル、移動、フィル、組合せ)。履歴なし。思った通りにモデリング。パターンコピー。断面上でモデル編集。パワーセレクトによる類似形状の検索。3DCADファイルの読込み。アセンブリ。合致。
3Dダイレクトモデリング
ANSYS連携。形状簡略化。パラメータ設定。3Dマークアップ。 ANSYSインテグレーション
板金機能。シェル化したモデルから板金展開。展開方法の検討。展開モデルとの連携。展開時の干渉部表示。 板金
断面上でアセンブリモデルを編集。干渉部の除去。 3Dダイレクトモデリング
3DCADモデルの読込み、編集。ユーザのモデリング意図を理解。 3Dダイレクトモデリング
3面図上でのコンセプト設計。アセンブリ。図面化。全てのビューは連動。 3Dダイレクトモデリング
2D図面とモデリング
ANSYS連携(繰り返し解析)。トップダウンモデリング。形状簡略化。パラメータ設定。3Dマークアップ。 ANSYSインテグレーション
図面表現例、および図面上での3D形状変更。 3Dダイレクトモデリング
2D図面とモデリング
フィルコマンドを利用した凹凸の簡略化。連続しているフィレットでフィルを実行してもエラーとなるような箇所に球状のソリッドを作成してフィレットを除去。 修復/修正
板金機能。板から曲げていき、板金部品を作成。ベンドリリーフの変更。展開モデルとの連携。他の3DCADからの板金部品を編集。筺体設計。アセンブリ上で、他との取り合いを見ながら編集。他のウインドウから部品をコピー。成型用部品を板金部品へ編集。展開方法の検討。展開時の干渉部表示。図面作成。 板金
何もない状態からソリッドを作成し、図面化。その後、CATIAV5で作成したファイルをコンポーネントとして読み込み、パラメータの作成。 3Dダイレクトモデリング
サーフェスカーブ
構想設計
図面
不要形状部を球で囲い、フィルで削除。 修復/修正
前半は、SpaceClaimのみ。Rhino連携。Rhinoサーフェスモデルファイルからソリッド化。モデル編集後、Rhinoファイルで出力。 他ソフトウェアとの連携
板金機能。成型用部品を板金部品へ編集。板から曲げていき、板金部品を作成。ベンドリリーフの変更。展開方法の検討。展開モデルとの連携。展開時の干渉部表示。 板金

 


電話でのお問い合わせ。 ANSYS Discovery Live 体験セミナー
ダイレクトモデリングが劇的に効果を発揮する適用領域
操作を動画で見る
適用事例を見る
試してみる
メールマガジンお申し込み SpaceClaimの最新情報、セミナー情報を定期的にご案内!