機能紹介スケッチ

正確な寸法値を入れながらのスケッチ、またはラフレイアウトを作成してから変更する方法でのスケッチのいづれかの方法でも可能です。スケッチには幾何拘束がありませんので、3D形状作成時に非常に柔軟性があります。


入れた寸法値の表示は保持されません。
スケッチはいわゆる一筆書きでなくても、またクロスしていても3D形状の作成は可能です。


2分割のサーフェスがされた状態です。

関連ページ

 


電話でのお問い合わせ。 ANSYS Discovery Live 体験セミナー
ダイレクトモデリングが劇的に効果を発揮する適用領域
操作を動画で見る
適用事例を見る
試してみる
メールマガジンお申し込み SpaceClaimの最新情報、セミナー情報を定期的にご案内!