SpaceClaimの革新的な3つの特長解析用モデル修正作成、CAE連携

SpaceClaimのダイレクトモデリング機能により、「従来検討できなかったモデルでもシミュレーションを含めて検討できる」 機会が格段に増加します。フィーチャーベースCADでは履歴の影響を受けることで諦める必要のあった詳細モデルから解析用モデルへのモデファイも容易です。

また、解析者自らが、境界条件設定やメッシュ生成の効率化のために、SpaceClaim上で自由に面やソリッドを分割できます。また、API機能を用いることで解析用のパラメータをSpaceClaim上で設定し連携解析も可能です(ANSYS Workbench 環境はプラグインにて対応)。さらに、SpaceClaimには、モデル修正や簡略化など、以下のツールが実装されています。

シミュレーションドリブンな設計を支援

  • 欠落面、ギャップ、分割エッジ、不正確なエッジ、微小面、干渉箇所、ラウンドなどの検出と削除
  • ボリューム(内部領域)の抽出
  • 中立面の作成
  • 面のマージ
  • ボディ間で接触している面の検出と定義
  • ビーム要素(ANSYS連携) など

ANSYSをはじめとするCAEとのデータ連携

設計用モデルを、SpaceClaimのダイレクトモデリング・形状修復・解析連携機能を活用することで、解析用モデルとして修正・編集を行い、ACIS・IGES・STEPやParasolidでモデルを出力し、各種CAEソフトとデータ連携することが可能です。

また、SpaceClaimはANSYS Workbenchとの双方向連携をサポートしています。標準で搭載されるANSYSプラグインによって、SpaceClaimのジオメトリをダイレクトにWorkbench環境へ受け渡すことができます。

ANSYSとのデータ連携例

1.SpaceClaimでモデリング・パラメータ設定

SpaceClaimでモデルを編集していきます。
ここでパラメータ設定をしておきます。

2.ANSYS Workbench上で解析、パラメータ変更

SpaceClaimからANSYSのランチャをクリックし、Workbenchにモデルを取り込みます。
解析結果を見ながら、SpaceClaimで設定したパラメータを変更していきます。

3.SpaceClaimに戻って形状変更

WorkbenchからSpaceClaimに戻り、さらにモデルを編集していきます。
Workbenchで設定変更したパラメータの形状が反映されます。

4.再度ANSYS Workbench上で解析

SpaceClaimで修正したモデルを再度Workbenchへ取り込み、解析結果を確認していきます。
解析結果が芳しくなければ、パラメータを変更しSpaceClaimへ戻りモデル修正していきます。


ANSYSインテグレーションの動画

ANSYSとの双方向連携を動画で公開しています。
動画ギャラリー


関連ページ

 


電話でのお問い合わせ。 ANSYS Discovery Live 体験セミナー
ダイレクトモデリングが劇的に効果を発揮する適用領域
操作を動画で見る
適用事例を見る
試してみる
メールマガジンお申し込み SpaceClaimの最新情報、セミナー情報を定期的にご案内!