樹脂製燃料タンクの開発プロセスにSpaceClaimを導入八千代工業株式会社

導入の背景

  • 四輪車の燃料タンク開発には、形状の複雑化と同時に安全性確保との両立が求められている。
  • 競争力の強化には、形状検討とCAEによる解析の繰り返しをいかに確実かつ効率的に行うかが重要だと捉えている。
  • 従来の設計モデルを利用してCAEによる解析を行うが、その際形状簡易化などの作業が必要となる。
  • 他の人が作ったフィーチャーベースモデルの変更は困難で、作業に多くの時間を費やしていた。

導入の結果

  • SpaceClaimを利用すれば、従来半日かかった解析モデル準備作業が1時間程度に短縮できることがわかった。
  • 短期間で操作を習得できた結果、すぐに効果を実感できた。

図解入りの詳細な事例資料(PDF版)を、こちらからダウンロードいただけます

製品をご検討中のお客様向けに、ダウンロード出来るカタログ・技術資料・ユーザー事例(PDF版)などをご用意しています。

カタログ・技術資料ダウンロードフォームへ

 


電話でのお問い合わせ。 ANSYS Discovery Live 体験セミナー
ダイレクトモデリングが劇的に効果を発揮する適用領域
操作を動画で見る
適用事例を見る
試してみる
メールマガジンお申し込み SpaceClaimの最新情報、セミナー情報を定期的にご案内!