製品開発における解析プロセスにSpaceClaimを導入
株式会社ホンダロック

導入の背景

  • CAD、CAEを用いた詳細な設計と試験を繰り返し行うことで、信頼性を確保している。
  • CATIAで作成したモデルをANSYSで解析する場合に、メッシングで問題が発生する事があった。
  • 解析エンジニアが行うメッシングの検証と原因調査に時間がかかっている。

導入の結果

  • CAE用モデル作成の手間がかからない
  • メッシング時のトラブルも迅速に解決
  • CATIAを使用した事がない人でも比較的簡単に使用できる

図解入りの詳細な事例資料(PDF版)を、こちらからダウンロードいただけます

製品をご検討中のお客様向けに、ダウンロード出来るカタログ・技術資料・ユーザー事例(PDF版)などをご用意しています。

カタログ・技術資料ダウンロードフォームへ

 


電話でのお問い合わせ。 ANSYS Discovery Live 体験セミナー
ダイレクトモデリングが劇的に効果を発揮する適用領域
操作を動画で見る
適用事例を見る
試してみる
メールマガジンお申し込み SpaceClaimの最新情報、セミナー情報を定期的にご案内!