CFD解析にSpaceClaimを有効利用Engrana社

導入の背景

  • クライアントからはソリッドモデルがCADファイル形式で提供されるが、CFD解析には不要な細かい形状を含んでいる。
  • 形状がCFD結果にどう影響するかについて、形状変更を繰り返しながら調査したいという要望が、多くのクライアントからある。

導入の結果

  • 形状クリーンアップの重荷から解放できた。
  • 高品質なヘキサメッシュを生成するのに、適した形状を準備できるようになった。
  • ソリッドモデルから空間ボリューム(流体領域形状)を抽出する機能も役立っている。
  • モデル形状をパラメータ化しSpaceClaimの寸法に割り当てる、といった作業も容易に行うことができている。
  • 形状変更作業がCFD解析全体フローのボトルネックになるケースは皆無になり、生産性が向上した。

図解入りの詳細な事例資料(PDF版)を、こちらからダウンロードいただけます

製品をご検討中のお客様向けに、ダウンロード出来るカタログ・技術資料・ユーザー事例(PDF版)などをご用意しています。

カタログ・技術資料ダウンロードフォームへ

 


電話でのお問い合わせ。 ANSYS Discovery Live 体験セミナー
ダイレクトモデリングが劇的に効果を発揮する適用領域
操作を動画で見る
適用事例を見る
試してみる
メールマガジンお申し込み SpaceClaimの最新情報、セミナー情報を定期的にご案内!