最適ポリマーシステムの設計にSpaceClaimを上流から下流まで活用Dominator社

導入の背景

  • 2Dと3Dをミックスした設計を行っており、プロジェクトは何週間もかかっていた。
  • 最終承認を受ける過程には、時間とコストのかかるプロトタイプを作り上げることも含まれていた。
  • 顧客・関連エンジニアおよび製造パートナーと共に3Dで仕事を進めるためには、従来のヒストリベースCADのオーバーヘッドや習熟度の遅さの問題を解決する必要性も感じていた。

導入の結果

  • 顧客が設計変更した部品のCADデータを、SpaceClaimを利用することにより、2Dまたは3Dでの改訂が簡単に行うことができるようになった。
  • 複数の設計コンセプト案を楽に検討でき、従来の様にプロトタイプ作製を行う必要が無くなった。
  • SpaceClaimによってコンセプトをより明確に顧客に提示することができ、その場で顧客と共に変更できるようになった。
  • 製造パートナー会社に対して、機械加工に必要な仕様を明瞭に伝えることができるようになった。

図解入りの詳細な事例資料(PDF版)を、こちらからダウンロードいただけます

製品をご検討中のお客様向けに、ダウンロード出来るカタログ・技術資料・ユーザー事例(PDF版)などをご用意しています。

カタログ・技術資料ダウンロードフォームへ

 


電話でのお問い合わせ。 ANSYS Discovery Live 体験セミナー
ダイレクトモデリングが劇的に効果を発揮する適用領域
操作を動画で見る
適用事例を見る
試してみる
メールマガジンお申し込み SpaceClaimの最新情報、セミナー情報を定期的にご案内!