高圧鋳造製品の3DモデリングにSpaceClaimを活用4C-Technologies社

導入の背景

  • 金型内の金属の流れだけでなく、金型内の空気の流れ解析も行うために、Flow3DをCFD解析のために使用。
  • 3Dモデルの作成をサードパーティに頼らなければならなかったため、費用が発生したうえに、解析工程も遅れがち。

導入の結果

  • SpaceClaimにより解析準備のかなりの時間を短縮でき、かつ高価なCADシステムは不要となった。
  • SpaceClaimは使いやすく習得も早いので、サードパーティを使わずに、鋳造専門家自身で3Dモデルを変更できるようになった。

図解入りの詳細な事例資料(PDF版)を、こちらからダウンロードいただけます

製品をご検討中のお客様向けに、ダウンロード出来るカタログ・技術資料・ユーザー事例(PDF版)などをご用意しています。

カタログ・技術資料ダウンロードフォームへ

 


電話でのお問い合わせ。 ANSYS Discovery Live 体験セミナー
ダイレクトモデリングが劇的に効果を発揮する適用領域
操作を動画で見る
適用事例を見る
試してみる
メールマガジンお申し込み SpaceClaimの最新情報、セミナー情報を定期的にご案内!