マイナンバーの安全運用を支援する機能

操作の種類、キーワードなど条件を指定することで、必要なログが素早く検索できます。「開発部で過去2日間に特定のURLにアクセスしたログ」といった、ピンポイントの絞り込みが行え、状況の早期把握に役立ちます。

画面操作録画機能の強化

業務基幹システム上での重要データの取り扱い状況などを視覚的に把握できる「画面操作録画オプション」がさらに使いやすくなりました。表示させる動画の時間を目盛りで指定できるため、テキストログと突き合わせて操作の前後を細かく確認することができたり、スタンドアロン端末でも画面操作を録画できます。

時間の目盛り表示が追加

時間の目盛り表示で、ログ情報と照合しながらの確認が容易になりました。時間をピンポイントで指定、再生位置へジャンプすることも可能です。

録画中と表示

録画されていることがわかるように、マイナンバー取扱端末の画面に「録画中」と表示することができます。

個別のバックアップ機能で録画データを適切に管理

マイナンバーを取り扱わないPCと分けて、保存期間を設定し、録画データを保存できます。定期的なデータ削除も自動で行えます。

業務基幹システムなどでの利用状況を把握

業務基幹システムなどのアプリケーションごとに、アカウントの取り扱いに関するログを取得、確認※1。不審なアカウントの追加や削除がないか、他人のアカウントを利用した不適切な「なりすましログイン」がないかなどをチェックし、安全管理措置の見直しを定期的に行うことで、特定個人情報の漏洩リスク軽減に活用いただけます。

ログ機能の詳細はこちら

※1 事前にログ取得の対象画面、および対象操作(アカウントの入力、ログイン処理を行うためのボタン操作など)を登録する必要があります。登録できていない場合は、ログ取得が行えません。

マイナンバーを取り扱うPCのUSBメモリ使用を制限

「デバイス管理」機能で、使用できる外部記憶媒体をPCやユーザー(部署)ごとに設定しておくことで、情報漏洩が発生する可能性を軽減。業務上、どうしても外部記憶媒体を使用する必要が出てきた場合には、「申請・承認ワークフローシステム」を使ってWeb上で使用者に申請してもらい、許可した記憶媒体のみ使用できるような管理も可能です。

デバイス管理の詳細はこちら

マイナンバーを取り扱うPCに対する各種操作を制限

マイナンバーを取り扱うPCで業務基幹システムなどの特定のアプリケーションを使用する際に、印刷などの操作を禁止したり、リモート操作時にアプリケーションを画面上でマスクするなど、情報漏洩リスクを伴う操作を制限します。

不適切な操作にはアラート通知を表示

禁止した操作を行ったPC上に通知メッセージを表示させ、注意喚起とルールの周知・徹底を図ることで、情報セキュリティ意識の向上にお役立ていただけます。

注意表示(アラート)の詳細はこちら

マイナンバー取扱端末の管理ユーザーを限定 

管理機上で「マイナンバー取扱端末」に対する各種操作を行うための専用の起動パスワードなど認証方法を設定できます。管理ユーザーを限定し、セキュリティリスクを軽減します。

特定個人情報へのアクセス状況を「見える化」 

特定個人情報ファイルを含むフォルダへのアクセス状況を、レポートとして集計。アクセスしたユーザー名や回数などが確認でき、状況把握にお役立ていただけます。


電話でのお問い合わせ。

お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 ITソリューション事業部 TEL: 03-5297-3487 (平日 9:00-17:30)
資料請求/お問い合わせ全般  価格お問い合わせ  無料評価版お申し込み