ライセンス管理ツールKeyServer

KeyServerは、フローティングライセンス契約でのソフトウェア利用を実現する同時使用ライセンス管理ツールです。PCへのインストール台数にかかわらず、ソフトウェアの同時使用数でライセンスをカウントするため、コスト削減と効率的な運用管理が可能です。管理対象ソフトはWindowsだけでなく、Mac用ソフトウェアにも対応しています。また蓄積した起動データの分析により、次回ソフトウェア購入時に余剰分のムダをカットできます。

主な機能

同時使用ソフトウェアのライセンス管理

同時使用ライセンスのカウント方法は、ソフトウェアのインストール数ではなく、同時に使用する最大数です。例えば学校のPCルームが複数ある場合、各教室のすべてのPCにソフトウェアをインストールすると、PC台数分のライセンス費が発生します。しかし同時使用ライセンスであれば、PC全台にソフトウェアをインストールしても、支払うライセンス費は最大同時使用数分でよいため、大幅なコスト削減が可能です。

※KeyServerの同時使用ライセンス機能を利用する場合、管理対象ソフトウェアは同時使用ライセンスを認めたものでなければなりません。

ソフトウェア購入時の登録・管理を簡単に

ソフトウェア資産管理の手順は、ソフトウェアの製品情報の登録、購入情報の登録、製品使用時のポリシー登録という3つのステップです。また製品情報の登録を簡略化できる906種類(2012年4月時点)の製品情報を含んだデータベースも用意。新任の管理者の方も、迷わず簡単に登録作業を行えます。

101種類のレポートから、ソフトウェア資産管理を評価

KeyServerの監査レポート作成は、101種類のテンプレートから集計したい項目を選ぶだけ。期限を指定することで定期的にデータが生成されます。またODBCドライバ(ksODBC)を介してKeyServerのデータを外部DBに出力することも可能。オリジナルのレポートや独自の集計のニーズにもお答えします。

業務外ソフトウェアの起動禁止

業務に関係のないソフトウェアや、サポート対象外バージョンのソフトウェアの使用を制限できます。制限をする際にはユーザにポップアップで通知することもできます。

ソフトウェアの違法コピーの防止

KeyServerで「キー」設定されたソフトウェアはキー無しでは起動できないため、万が一そのソフトウェアをコピーして利用しても利用はできません。

ソフトウェア利用状況の可視化

ソフトウェアの使用状況をユーザ別、ソフトウェア別に把握できます。使用ログのレポートの出力にも対応しています。ソフトウェアごとの最大同時利用数を把握することで、買いすぎを確認。ライセンス数の正確な把握により、ライセンス数の最適化を計れます。

ソフトウェア利用の優先割り当て

授業カリキュラムにあわせて、必要ソフトのライセンスを曜日と時間帯で教室PCのグループに優先的に割り当てられます。優先割り当てを行なった時間帯は、当該グループ以外のPCからは利用できず、授業で必要なソフトウェアが使えないといったトラブルを回避できます。

動作環境

KeyServer 動作環境 [2016/09/01]

 



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 ITソリューション事業部 TEL: 03-5297-3487 (平日 9:00-17:30)
お問い合わせ全般  価格お問い合わせ  評価版お申し込み