RSoft Component Suite 2016.03リリース

リリース時期:2016年4月

主な機能強化

本新バージョンでは、双方向散乱分布関数(BSDF)機能に対する強化が行われました。主な機能強化は以下の通りです。
その他の詳細につきましては、リリースノートをご参照ください。

  • BSDFユーザ定義光学特性(UDOP)の計算速度の向上
    LightToolsで使用するBSDFユーザ定義光学特性(UDOP)の計算速度が5倍以上に、非偏光の光の場合には最大40倍に向上しました。
  • BSDF計算のマルチスレッドへの対応
    「DiffractMOD」や「FullWAVE」でのBSDFの計算が、オプションのMOST Clusterの併用によりマルチCPU、マルチコアCPUで解析できるようになりました。
  • BSDFデータのビューア機能の追加
    BSDFビューアにより、入射角、波長、偏光、入射の向き(構造への入射/構造からの出射)で指定された条件のBSDFデータをRSoft BSDFファイルから抽出して視覚的に確認をすることができるようになりました。

過去のリリース情報一覧

RSoft Component & System Suite 2017.09リリース
RSoft Component & System Suite 2017.03リリース
RSoft Component Suite 2016.12リリース
RSoft Component Suite 2016.09リリース
RSoft System Suite 2016.06リリース
RSoft Component Suite 2016.03リリース
RSoft Component Suite 2015.06-2 & System Suite 2015.12リリース
RSoft Component Suite 2015.06-1 リリース
RSoft Component Suite 2015.06 リリース
RSoft Component Suite 2014.09-1リリース(2015年4月)
RSoft Component Suite 2014.09リリース(2014年9月)
RSoft Component Suite 2013.12-1〜2リリース(2014年3月)
RSoft Component Suite 2013.12リリース(2014年1月)
RSoft Component Suite 9.0 サービスパック15〜16リリース(2013年9月)
RSoft Component Suite 9.0 サービスパック14 リリース(2013年6月)
Passive Component Design Suite Version 9.0の販売を開始(2012年4月18日)
Passive Component Design Suite Version 8.3の販売を開始(2011年9月7日)
LED Utilityの販売を開始(2011年9月7日)
OptSim 5.2の販売を開始(2010年12月20日)
DiffractMOD 3.2の販売を開始(2010年9月13日)
OptSim 5.1の販売を開始(2009年8月6日)
Passive Component Design Suite Version 8.1の販売を開始(2008年8月18日)
ModePROPの販売を開始(2008年1月15日)
OptSim 4.7の販売を開始(2007年7月25日)
RSoft Passive Component Design Suite 8.0の販売を開始(2007年5月14日)
RSoft Passive Component Design Suite 7.0の販売を開始(2006年8月8日)
OptSim 4.6の販売を開始(2006年7月7日)
LaserMOD 2.2の販売を開始(2006年1月17日)
FemSIMの販売を開始(2005年10月24日)
MOSTの販売を開始(2005年4月11日)
DiffractMODの販売を開始(2004年6月15日)
OptSim 4.0の販売を開始(2004年5月13日)
ModeSYSの販売を開始 (旧名称:Multimode Simulation Platform)(2003年7月7日)
LaserMODの販売を開始(2003年4月14日)
GratingMODの販売を開始(2003年3月17日)
BandSOLVEの販売を開始(2002年12月11日)