有限要素法ベースのモード・ソルバFemSIM

FemSIMは、FEM(有限要素法)に基いたモード・ソルバで、複雑な構造のモード解析を容易に行えます。

主な特長


  • RSoftのツールに完全に統合されたインターフェース
  • 複雑で微小な形状、大きな損失を持つ、屈折率差が大きい、中空のファイバ、などの構造も可能
  • 複雑な構造をすばやく生成する高度なユーティリティ
  • 通常のデカルト座標系に加えて、円筒座標系(回転対称)もサポート
  • 複雑な屈折率分布でも四角形と三角形の組み合わせでメッシュを生成可能
  • 吸収境界条件、対称/反対称境界条件を選択可能
  • 伝播モード、漏洩モード、キャビティ・モードの判定が可能
  • 高次のモードも少ない計算資源の追加で解析が可能
  • 各モードの実効屈折率(実数部、虚数部)、フィールド分布、などを出力可能
  • パラメータの自動スキャン・最適化ツール(MOST)と組み合わせて波長分散を計算可能
  • 求めたモードの断面分布を伝播解析(BeamPROP、FullWAVE)で利用可能
  • 求めたVCSELのモードをレーザの設計・解析(LaserMOD)で利用可能