RCWA法による回折光学素子設計・解析ソフトウェアDiffractMOD

DiffractMODは、光学回折素子やサブ波長の周期的な構造及びフォトニック結晶等の解析を容易に行えます。

主な特長

  • BeamPROPとFullWAVEに完全に統合されたCADインターフェース
  • 2Dと3Dの格子構造をすばやく生成する高度なユーティリティ
  • 簡単にコントロールできる任意の入射方向を備えたイルミネーション
  • 回析効率の計算、表示および出力スペクトル
  • 直線、円、楕円を含む任意の入射偏波
  • 任意のオーダーの回析効率データおよびグラフの生成
  • ポインティング・パワー・フローの計算および表示
  • 各フィールド・コンポーネントのフィールド・パターンの計算および表示

シミュレーション適用例


太陽電池セルの効率
ツール: DiffractMOD, MOST
言語: 日本語

偏光ビーム・スプリッタ
ツール: DiffractMOD
言語: 日本語

多接合型有機太陽電池
ツール: DiffractMOD, Solar Cell Utility, LaserMOD, MOST
言語: 英語

幾何光学ツールとの連携解析
ツール: DiffractMOD, LightTools
言語: 日本語
資料ダウンロード(事例・ソリューション一覧&検索)

その他の事例、ソリューションに
関する資料は こちら