高速システムで発生する偏波モード分散に起因するペナルティ

偏波モード分散(PMD)によりファイバ内の伝送中にXおよびY偏波成分間には差分群遅延が(DGD)が生じ、受信器のアイ・ダイアグラムが歪みます。パラメータ・スキャンを行って、様々なPMD係数や乱数の種の値に対してDGDやBER/Qが得られます。信号プロット、アイ・ダイアグラム、BER/Qはもちろん、ストークス・パラメータをポアンカレ球上で確認できます。

ツール OptSim
キーワード 偏波モード分散, polarization mode dispersion, PMD, 信号伝搬, signal propagation, 高ビットレート, High Bit-Rate

詳細

詳細(PDF:英文)を閲覧する