後方励起ラマン・アンプを用いた40チャネルOC-768 DWDMリンク(50GHzグリッド)の設計

40チャネルの擬似ランダム2進信号(PRBS)データを、50kmの長さのITU-T G.652シングル・モード・ファイバ上で伝送します。分布配置のラマン・アンプを用いてリンクの減衰を補償し、長距離リンクにおいてEDFA間のスパンを効果的に伸ばします。

ツール OptSim
キーワード ラマン・アンプ, Raman Amplification, DWDMリンク, DWDM link, EDFA

詳細

詳細(PDF:英文)を閲覧する