双方向サニャック効果ブロックを用いた光ジャイロスコープ

干渉計型光ファイバ・ジャイロスコープ(I-FOG)は、民生用および軍用どちらの応用にとっても今日では重要な技術の1つです。慣性航法、自動車のナビゲーション・システム、航空・宇宙・軍需などの産業で幅広く使われています。I-FOGの構成要素と設計の特性のいくつかは、システムの性能に重大な影響を及ぼします。光源、光ファイバのループ、信号の検出、という3つの部分で構成されるシステムは、互いに影響しあうために解析が非常に困難です。

ツール OptSim Circuit
キーワード 干渉計型光ファイバ・ジャイロスコープ, I-FOG, サニャック効果, Sagnac Effect, 双方向信号伝播, Bi-directional Propagation, 信号の検出, Signal Detection, PIC

詳細

詳細(PDF:英文)を閲覧する