マルチパス干渉(MPI)

マルチパス干渉(MPI)は、光通信リンクの分野で重要な役割を果たしており、スプリッタに基づく分配では各々のスプリッタからの反射が生じ、FTTx PONでは特に重大な影響があります。双方向ファイバのモデルでは、MPIの原因となる光信号の双方向伝搬が包含されています。送信器、受信機、ファイバのスパンの間には双方向コネクタがあり、ループが生成されて、光信号が閉じ込められて順方向・逆方向に巡回します。双方向コネクタにより、光の挿入損失やリターン損失を調整して、逆方向に伝搬する光を物理的に生成できます。

ツール OptSim Circuit
キーワード マルチパス干渉, MPI, Multipath Interference, FTTx PON, 双方向コネクタ, 挿入損失, リターン損失, PIC

詳細

詳細(PDF:英文)を閲覧する