Siフォトニクス・リング変調器に基づいた送受信器の光ファイバ通信システム内での性能

このOptSim Circuitの応用事例では、シリコン・フォトニクスPICのシミュレーション、およびそれをシステム・レベルで用いた際の性能解析を示しています。PICの性能解析は、32および64 ギガ・ボーの偏波多重4位相偏移変調(PM-QPSK)に対して行われます。比較は光信号ノイズ比(OSNR)のペナルティという観点で行われ、対象はニオブ酸リチウム(LiNbO3)に基づいた送受信器およびシリコン・フォトニクス(SiP)のマイクロ・リング変調器です。

ツール OptSim Circuit OptSim
キーワード シリコン・フォトニクス, SiP, 偏波多重4位相偏移変調, PM-QPSK, 光信号ノイズ比, OSNR, PIC

詳細

詳細(PDF:英文)を閲覧する