光線追跡ツールとのインターフェース

一般的なレンズ・システムは光線追跡法の技術を用いれば効率的にシミュレーションできるかも知れませんが、幾何学サイズが対象とする波長のオーダになるとシミュレーション結果は不正確になってしまいます。このような場合には、ビーム伝搬法あるいは有限差分時間領域法のようなより厳密な技術が必要になります。シミュレータ間でフィールド・データを受け渡すことにより、複数の技術を組み合わせたハイブリッド・シミュレーションが可能になります。レンズからファイバへの簡単なカプリングの例を以下に示しますが、ここではレンズは光線追跡法(RTA)で解析し、ファイバはビーム伝搬法(BPM)で解析します。

ツール
カテゴリ 導波路デバイス、ファイバ・デバイス

RSoftのツールには、CODE VやZemaxのような標準的な光線追跡法のソフトウェア・パッケージからの出力を変換するインターフェースが含まれています。

1つの例として、CODE Vでモデル化されたボール・レンズの出力光線から生成した、振幅と位相の情報を下記に示します。

これらの独自のフォーマットは、RSoftのRaytracing Interfaceによって変換され、RSoftのシミュレーション・ツール群の入力ファイルとして使用できます。さらには、RSoftのシミュレーション・ツール群の出力をCODE VとZemaxが理解できるフォーマットに変換できます。