CODE Vマクロの作成

お客様独自の設計・解析業務に合ったマクロプログラムの作成もお受けいたしております。
以下に作成例をご紹介します。各マクロファイルを右クリックし、[対象をファイルに保存]よりワーキングディレクトリ(デフォルトでは、C:\CVUSER)にコピーしてご使用ください。

作成例1: TFMTF マクロ

評価空間周波数、デフォーカス量、評価ポイント数などを指定し、光学系のスルーフォーカスMTF特性グラフをプロットさせることができます。

TFMTF マクロ ダウンロード

GUIからの実行

プロット設定ダイアログボックス
プロット出力例

コマンド入力実行

コマンドシンタックス

in tfmtf [plotted_freq [num_of_focus_pos [first_foc_pos incr_in_focus [num_rays_across_diameter [grid]]]]]

作成例2: TFRMS マクロ

評価空間周波数、デフォーカス量、評価ポイント数などを指定し、光学系のスルーフォーカスMTF特性グラフをプロットさせることができます。

TFRMS マクロ ダウンロード

GUIからの実行

プロット設定ダイアログボックス
プロット出力例

コマンド入力実行

コマンドシンタックス

in tfrms [num_of_focus_pos [first_foc_pos incr_in_focus [num_rays_across_diameter [grid]]]]

作成例3: MAKE_PSマクロ

評価空間周波数、デフォーカス量、評価ポイント数などを指定し、光学系のスルーフォーカスMTF特性グラフをプロットさせることができます。

MAKE_PSマクロ ダウンロード

GUIからの実行

プロット設定ダイアログボックス

プロット出力例

コマンド入力実行

コマンドシンタックス

in make_ps [rim_scale [ast_scale [lsa_scale [dst_scale]]]]

本マクロを実行すると、作業ディレクトリにmerge.psというポストスクリプト(PS)ファイルが作成されます。このPSファイルを閲覧・編集するためには、以下のいずれかの手順が必要です。

  1. グラフィック系アプリケーションの利用
    PSファイルを扱えるアプリケーションがインストールされているPCでしたら、ファイルをダブルクリックするだけで、適切なアプリケーションが起動します。
  2. オフィスアプリケーションの利用
    1. Microsoft ExcelもしくはPower Pointなどを起動します。
    2. [挿入]>[図]>[ファイルから]を選択して、上記のPSファイルを選ぶと、ファイルが読み込まれます。

お問い合わせ

 


お問い合わせ