課題4 CAE環境の製品による開発コスト削減

「CADやCAEを効率的に運用する事で開発コストを削減し、他社より安い製品価格により売上げを向上させる」という課題があります。
サイバネットは、その課題に対して設計最適化の観点から以下の解決策を提案します。

  1. 開発部門ごとに様々なCAD、CAEが存在し、取りまとめが大変である。
  2. 製品の開発プロセスを社内で統一したい。(結果評価を標準化させたい。)
  3. CAEを用いた最適化のアプローチは難しいため、利用者がCAE熟練者やプログラミングの知識がある技術者に限定される。

Optimusを使った解決策

社内のCAE環境を整備し、会社全体でCAEを通じた製品開発における人件費(リソース費)削減をはかる事で解決。

インフラツールとしての効率的なCAD/CAE利用の促進

CAD、CAEの利用が大部分を占める製品開発業務において、CAD、CAEの効率的な利用が開発コスト削減に大きく寄与します。OptimusをCAD、CAEを取りまとめる統合インフラツールとして利用し、CAD、CAEのライセンスやコンピュータ、設計者の方の人件費等の企業のリソースを有効活用することで、開発コスト削減を実現します。また、柔軟なカスタマイズ機能により様々な最適化アプローチを支援し、社内で最適化の利用やCAD、CAEの効率的な利用を簡単に広めることができます。

Optimusの機能を使う

セミナー

 


お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00、13:00〜17:30 ※土日祝日・弊社特別休業日は除く。)
お問い合わせ全般  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧
最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール