統合化

現在、企業での最適設計に対する試みはどんどん高度になっています。1つのシミュレーションだけを用いるのではなく、複数のシミュレーション・ソフトウェアを用いて、複合的な最適化問題に挑戦するといった、より現実に近い最適設計が要求されています。Optimusでは、複数の異なるシミュレーション・ソフトウェアを自動化定義することができますので、それぞれ複数のソフトウェアでの複数の出力値に関して、それぞれが設計要求を満たすような複合領域最適化を行なうことが可能です。

複合領域最適化(MDO:Multi-Disciplinary Optimization)

例えば、スマート構造物の最適化を検討する場合、構造強度に関する設計要求とは別に、MATLABなどによる制御設計が必要となります。このような場合、構造解析の設計要求も満たしながら、かつ制御設計での要求も満たすことが望まれます。従来は、これらのシミュレーションを別々に取り扱ってきましたが、Optimusを用いることで、どちらの設計要求も満たすような最適設計を探索することが可能です。

複合領域最適化の一例

統合インフラツールとしての役割

Optimusは誰でもが簡単に利用できるユーザー・インタフェースを提供しています。例えばANSYSなどのオペレーションができないユーザーでも一度Optimusにて設定された自動化シーケンスではユーザーはその設計パラメータを変更して、簡単にモデルを変更してANSYSによる解析を実行し、結果を得ることができます。このように、Optimusを統合インフラツールとしてご活用される企業が増えており、異なる部門間を跨いだ複合領域解析を実施することができます。


セミナー

 


お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00、13:00〜17:30 ※土日祝日・弊社特別休業日は除く。)
お問い合わせ全般  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧
最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール