実験データのインポート

Optimusでは、実験データや実行済みのCAEの計算結果等のデータを簡単な操作にてOptimusに取り込み、ポスト処理機能を用いて詳細な分析をおこなうことができます。また、取り込んだデータを基に作成した応答曲面モデル上での最適化計算が簡単な操作にて実行可能です。

過去の資源(実験データ)の有効活用

Excelやテキスト形式の実験データを簡単な操作にて、Optimusに取り込むことが可能です。取り込んだ実験データは、Optimusのポスト処理機能により、詳細な分析がおこなえます。さらに、この実験データを基に応答曲面モデルを作成し、この応答曲面モデル上での最適化計算もおこなうことができます。この最適化アプローチにより、実験では得られなかった精度の良い最適解を得ることが可能です。また、過去におこなった実験データという資源を無駄にすることなく、有効活用できるメリットもあります。

CAEと実験データの同定化問題への適用

Optimusは、CAEと実機による実験結果の同定化問題にも適用可能です。実験データとCAEの結果データの差が最小となるようにパラメータを合わせ込み、同定化をおこなうことにより、実機実験に非常に近いシミュレーションが可能となります。その後CAEによる最適化計算を実行すれば、実機による実験での最適解に非常に近い最適解をCAEにて再現できます。これにより、実機実験に必要なコストと時間を大幅に削減でき、得られた最適解も実機による解と比較し精度の良いものを得ることが可能です。

実験データの同定化問題の事例へ


セミナー

 


お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00、13:00〜17:30 ※土日祝日・弊社特別休業日は除く。)
お問い合わせ全般  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧
最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール