ダイレクトインタフェース

Optimusは、CAD、CAEのバイナリファイルまたはテキストファイルを直接読込み、設計変数、目的関数、制約条件を自動的にリストアップし、解析シーケンス(設計プロセスのワークフロー)を自動作成できるダイレクトインタフェースを各種取り揃えています。

メリット

  • 最適化計算実行に必要な設定時間を大幅に削減
    独自のパラメータのリストアップ機能により、読み込んだファイルから目的のパラメータを簡単に見つける事が可能
  • 安定した繰り返し計算
    ファイル構造が非常に複雑な場合や計算回数が膨大な場合等、どんな環境下でも、安定した繰り返し計算を実施可能

ダイレクトインタフェースによるOptimusの設定手順

ダイレクトインタフェース一覧

弊社では、お客様がお使いのシミュレーションツールに対し、ダイレクトインタフェースを作成する「ダイレクトインタフェース作成サービス」を実施しております。
詳細につきましては下記のページをご覧下さい。
ダイレクトインタフェース作成サービス

Abaqus

Abaqus Abaqusのファイルを直接読み込み、パラメータを自動抽出します。Abaqusのバージョンは、インタフェースが対応するバージョン内で自由に選択可能です。

ADSTEFAN

ADSTEFAN 鋳造シミュレーションツールADSTEFANの入力ファイルを直接読み込み、パラメータを自動抽出します。一般的にADSTEFANの入力ファイルはメッシュデータを含むためファイル容量が大きく、手動による設計変数の定義は煩雑な操作を要しますが、インタフェースを利用することで容易に設定が可能となります。

ANSA mETA Post

有限要素プリ・ポストプロセッサであるANSAとMETA POSTのファイルを直接読み込み、パラメータを自動抽出します。

ANSYS Icepak

ANSYS Icepak 電子機器専用熱流体解析ツールANSYS IcepakのProblemファイルを読み込み、パラメトリック計算に設定したパラメータを設計変数として扱うことができます。解析実行後にサマリーリポートに設定された解析結果をリポートファイルから抽出することができます。

ANSYS (Workbench)

専用の設定画面からANSYS Workbenchのバイナリファイルを直接読み込むことで、設計変数や目的関数の候補を自動的にリストアップし、設定時間の大幅な削減が可能となります。
ANSYS Workbench単体だけでなく、ANSYS CFXやANSYS FLUENTを含めANSYS Workbenchのマルチフィジックスの解析の自動化をOptimusのGUI上でシームレスにおこなえます。

AVL Workspace

エンジン開発用シミュレーションツールであるAVL EXCITEとAVL BOOSTにアドインし、最適化に必要な変数の設定をおこないます。

CATIA V5

CATIA V5 CATIAのファイル(CATPart, CATProduct, CATAnalysis)を専用ドライバーにより直接読み込み、パラメータを自動抽出する事ができます。通常解析シーケンスの作成は、テキスト形式の入出力ファイルを使い設定を行う必要がありますが、CATIA V5のデータは専用のDriver(アイコン)を使うことにより、この設定が不要になります。CATpart, CATproduct, CATanalysisを読み込むことで、Optimusが自動的に設計変数・出力値をリストアップし、その項目を選択するだけで、解析シーケンスも自動的に作成されます。
繰り返し計算時にはCATIAのオープンクローズの選択が可能で、より計算速度がはやく安定性に優れる設定に変更することも可能です。CATIA V5のバージョンは、インタフェースが対応するバージョン内で自由に選択可能です。

Creo Direct

Creo Elements/DirectダイレクトCAD&PDMソフトウェアCreo Directのモデルファイルを直接読み込み、寸法パラメータ(リレーション)を自動抽出します。その寸法パラメータ(リレーション)の数値を変えて、形状を変更して保存します。変更後の形状の質量プロパティ、測定リレーション、FE Analysisの結果を取得します。

Creo Parametric

Creo ParametricダイレクトCAD&Creo Parametric の部品モデルファイル(prt)やアセンブリモデルファイル(asm)を直接読み込み、パラメータを自動抽出することができます。抽出したパラメータの数値を変えて形状変更し、モデルを保存することができます。

Excel

Microsoft Excel Excel内に設定可能なOptimus専用のアドインアイコンにより、Excelのセルを直接選択するだけで、Excelでの自動計算やマクロ(VBA)による処理をおこなう為のOptimusの解析シーケンスを自動作成する事ができます。 その他、Excel内のデータをOptimusに取り込めるファイル形式に自動変換したり、Optimusのベクトルデータや応答曲面モデルをExcelで評価する為のファイルを作成でき、ExcelとOptimusの強力な連携機能が充実しています。
※全ユーザー様へ無償でご提供させて頂いています。

Femtet

Optimusは、Femtetのプロジェクト(*.als)を読み込んで変数や結果出力を自動抽出します。 実行時には自動的に変数の数値を変更して解析を実行し、実行後に結果出力の数値を取得します。


GT-POWER

エンジンシステム性能解析ツールであるGT-POWERの入出力ファイル(.gtm, .rlt)を直接読み込み、パラメータを自動抽出します。

JMAG-Designer

電気機器設計のためのシミュレーションツールのJMAGから直接設定可能なダイレクトインタフェースを搭載しています。

LightTools

LightTools で最適化設定を行ったファイルを、LightTools インタフェースを介してOptimusへ取り込むことで、複雑な自動実行のための設定が不要となります。

LMS Imagine.Lab AMESim

LMS Imagine.Lab LMS Imagin.Lab AMESimから直接設定可能なダイレクトインタフェースを搭載しています。

LMS Virtual.Lab

LMS Virtual.Lab LMS Virtual.Labのファイルを専用ドライバーにより直接読み込み、パラメータを自動抽出する事ができます。これらのファイルを読み込むことで、Optimusが自動的に設計変数・出力値をリストアップし、その項目を選択するだけで、解析シーケンスが自動的に作成されます。LMS Virtual.Labのバージョンは、インタフェースが対応するバージョン内で自由に選択可能です。

LS-DYNA

LS-DYNA LS-DYNA専用の設定画面からLS-DYNAのファイルを直接読み込むことで、入力ファイルの設計変数の設定や出力ファイルからの出力値の抽出設定が不要となり、設定時間の大幅な削減が可能となります。Optimusに搭載された強力なサーチエンジンとLS-DYNAのファイル構造により、LS-DYNAの膨大なファイルからカード名の選択や名前・ID番号によるフィルタ、出力ファイルタイプやコンポーネントの選択を適用し、簡単に変数の設定をおこなうことができます。インクルードファイルの設定や変数の設定後、Optimusが解析シーケンスの必要な部分を自動的に作成します。

Maple/MapleSim

Maple/MapleSim 数式処理・数式モデル設計環境であるMapleと、複合領域物理モデルシミュレータであるMapleSimのファイルを直接読み込み、パラメータを自動抽出し、解析シーケンスの必要な部分を自動作成します。
※全ユーザー様へ無償でご提供させて頂いています。

MATLAB

MATLAB/Simulink MATLAB専用の設定画面からMATLABのファイルを直接読み込み、設計変数や出力値の設定をおこない、Optimusが解析シーケンスの必要な部分を自動的に作成します。繰り返し計算を効率良く実施する為、MATLABはバックグラウンドにて実行されます。MATLABのバージョンは、インタフェースが対応するバージョン内で自由に選択可能です。

Moldflow Insight

Autodesk Moldflow Insight射出成形シミュレーションのソフトウェアAutodesk Moldflow Insightのプロジェクトファイルを直接読み込み、パラメータを自動抽出します。Moldflow上で設定できる成形条件などのパラメータを変更して解析を実行します。実行後にMoldflow上で表示できるポスト処理から結果(射出圧力、反り、などその他)を取得します。

MSC Nastran

汎用FEM構造解析ツールであるMSC NASTRANの入出力ファイル(.dat, .f06, .pch)を直接読み込み、パラメータを自動抽出します。

NX CAD / NX CAE

NXのモデルに設定されているパラメータにアクセスし、設計変数や目的関数として扱うことができます。NX CAE および NX CADに対応し、.prt と .sim ファイルを利用することができます。

OpenOffice/LibreOffice Calc

OpenOffice/LibreOffice Calcはオープンソースの表計算ソフトです。Windows、Linuxをはじめとする多くのプラットフォームで動作します。Calc内に設定したOptimus専用アドインアイコンにより、セルを選択するだけでCalcで行う処理を自動化したOptimusの解析シーケンスを自動生成することができます。
※全ユーザー様へ無償でご提供させて頂いています。

SAMCEF

SAMCEFのファイルを直接読み込み、パラメータを自動抽出します。

SpaceClaim

SpaceClaim3次元ダイレクトモデラーSpaceClaimのモデルドキュメントを直接読み込み、寸法パラメータ(グループ)を自動抽出します。
その寸法パラメータ(グループ)の数値を変えて、形状を変更して保存します。変更された形状はSpaceClaimのファイル形式の他に、Iges、Parasolidなどその他の中間ファイル形式でも保存することができます(SpaceClaimのライセンスが中間ファイル形式の出力に対応したものであることが必要です)。

SCRYU/Tetra

非構造格子系熱流体解析ソフト SCRYU/Tetra のファイルを直接読み込み、パラメータを自動抽出します。Sファイルの解析条件変更やL/CSVファイルの解析結果の抽出に対応しています。また、データ変換オプションを利用することで、CADによる形状変更を伴う最適化にも対応しています。

WAVE

Ricardo WAVE Waveのファイルを直接読み込み、パラメータを自動抽出します。

Vcollab

Vcollab VCollab VMoveCAD/VMoveCAEは様々なCAD/CAEに対応し、モデル形状や解析結果を高い圧縮率のフォーマットで保存するなど、3D情報を活用できるツールです。
本インタフェースにより、繰り返し計算ごとに、CAD/CAEのファイルを高い圧縮率の*.cax形式で保存したり、画像ファイルを出力することが可能です。


セミナー

 


お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00、13:00〜17:30 ※土日祝日・弊社特別休業日は除く。)
お問い合わせ全般  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧
最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール