M:品質工学

M-005公差解析における品質工学活用の検討

人命に関わる医療機器においては、リスクを低減するために、より厳しい公差値を設定しがちですが、それが適切であるとは、必ずしも言えず、その判断基準は曖昧なものである場合が多くなっています。そこで、適切な公差を決定する手段として、実績のある品質工学の許容差設計を適用し、公差検討を実施しました。

CETOL6σ
事例ダウンロードお申し込み


M-004品質工学とOptimusの活用例

振動耐久における強度を向上するため、応力値を出力値として品質工学を実施した例をご紹介しています。この事例では手作業で品質工学を実施した場合に比べ、Optimusを利用することで作業工数を63%削減することができています。

ANSYS、CATIA V5
事例ダウンロードお申し込み


M-003レンズアクチュエーター、車載カメラのロバスト設計

品質工学で使用するシミュレーションは必ずしも実際の現象をそのまま再現する必要はなく、システムの働きを評価することで、安定性設計のアイデアを相対評価することを目的としています。品質工学をレンズアクチュエーターと、車載カメラのロバスト設計に適応した事例をご紹介しています。

事例ダウンロードお申し込み


M-002射出成形シミュレーションを用いた箱形状モデル成形の最適化

複数の穴形状を有する箱形状のモデル(株式会社 柴田合成様よりご提供)に対して、成形不良の発生を抑制するために成形条件の最適化を行なった。
最適設計支援ツールOptimusの品質工学機能を利用したことで実験の設定と実施、結果の整理が自動化され品質工学において非常に効率よく、CAEを活用することができた。
(QES2009第17回品質工学研究発表大会の発表事例)

Moldflow Plastics Insight
事例ダウンロードお申し込み


M-001射出成形シミュレーションを用いたパネル製品形状の最適化

成形不良対策においては、実際には成形条件の調整による影響よりも、金型形状自体の寄与のほうが大きく、事前に成形性を考慮した設計が求められている。
本研究では、パネル製品(株式会社 柴田合成様よりご提供のモデルを一部修正)に対し、成形不良を防ぐためのリブに着目し、最適なリブ配置と形状を決定した。最適設計支援ツールOptimusの品質工学機能を使用した。
実験の実施においてCAD形状の変更、CAEの実行はOptimusにより自動化されている。
(QES2010第18回品質工学研究発表大会の発表事例)

SpaceClaim, Autodesk Simulation Moldflow Insight
事例ダウンロードお申し込み



セミナー

 


お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00、13:00〜17:30 ※土日祝日・弊社特別休業日は除く。)
お問い合わせ全般  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧
最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール