Q:光学

QS-003製品不具合予測の自動化 〜不具合検出および対策への適用〜

実際の設計においては性能を追求した最適解を得るだけではなく、製品の不具合を予測し対策を実施することも重要な業務となっています。様々な故障や不具合パターンをシミュレーションにより自動検出することができれば、検出漏れを低減し事前に対策を検討することも可能となります。本事例では、回路設計における故障解析と光学設計における不具合対策の自動化についてご紹介します。

LightTools, PSpice/LTspice
事例ダウンロードお申し込み

Q-002CODE VとOptimusによるGSを活用したズームレンズ最適化

CODE Vには系統的に新規解を探索するグローバル最適化手法、Global Synthesis(GS)が搭載されており、局所解からの速やかな脱出を行うことができます。Optimusを組み合わせることで、GSの高速化、結果処理の簡便化、さらにマシンやライセンスなどの資産を有効に活用することができます。

CODE V
事例ダウンロードお申し込み



セミナー

 


お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00、13:00〜17:30 ※土日祝日・弊社特別休業日は除く。)
お問い合わせ全般  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧
最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール