LucidShapeを用いた自動車ヘッドランプの
光学設計/解析/夜間運転シミュレーション事例〜マトリクスビームとピクセルライト編〜

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

以下のような課題にお困りの方におススメです。

  • 自動車メーカーや部材サプライヤー様で、ヘッドランプを中心とした車載ランプの設計・開発に携わる方、または進出を検討の方

LucidShapeの利点

  • どの様な照射が最適なのか、車両毎の仕様決めなどの検討にご活用可能
  • どの様な照射が最適なのか、ランプの詳細設計時に利用可能

ADB(Adaptive Driving Beam)といわれる、走行状況に応じてヘッドランプの照射を変えるなど、自動車ドライバーの視界を維持しながら対向車や先行車への眩惑を防止する機能の研究開発にもご利用可能です。

LucidShapeとは?

LucidShape(ルーシド シェイプ)は、照明設計業務のための最も強力で先進的なコンピューター支援設計ソフトウェアです。その使いやすくとても広範なユーザーインターフェースにより、世界中のエンジニアが非常に短時間であらゆる種類のリフレクターやその他の照明製品を作成できます。

LucidShape紹介ページ

製品の相関図

多様なリフレクターや照明製品を作成でき ヘッドランプやテールランプの高速な設計と解析を実現します。

CATIA V5環境内でご利用できるLucidShape CAA V5 Based

LucidDriveは仮想現実的なシミュレーションを提供します。

概要

【目次】

  1. LucidShapeとは?
     - 光学シミュレーションについての基本的な説明とLucidShapeの紹介
  2. LucidShapeの基本的なご利用手順
     - ヘッドランプのモデリングからシミュレーション実行、解析結果などの手順をご紹介します。
  3. 各種機能の事例ご紹介
     - ピクセルライト、マトリクスビームなどを例に 設計〜解析〜ドライビングシミュレーションの詳細サンプルをご覧いただけます。

ヘッドランプのモデリングをLucidShape上もしくは3D CADのデータをベースに実行
資料サンプルはこちら

ヘッドランプの迷光解析
資料サンプルはこちら

ピクセルライトのシミュレーション結果の例
資料サンプルはこちら

LucidDriveによる夜間運転シミュレーションの例
資料サンプルはこちら

キーワード

モデリング、照明解析、迷光・ゴースト解析、照明機器、ヘッドランプ、ADAS

使用ツール
自動車用照明設計ソフトウェア LucidShape

 

 


お問い合わせ