光学測定ソリューションによって実現する高精度の照明シミュレーションと実物評価

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

本資料をお薦めの方

  • 照明シミュレーションと実測の結果が一致せずお困りの方
  • 照明シミュレーションをより高い精度で行いたい方
  • 製品/試作品の表面品質や光学性能の定量評価を行いたい方

概要

照明シミュレーションにおいて、より精度の高い結果を出すために、測定データ(特に光源と散乱について)を用いることが一般的になってきています。また、シミュレーション後に製造した実物には定量評価(明るさ、色合い、ムラなど)が必要になります。
そこで本資料では
  • どのような点において実測データ取得が役に立つのかとその活用方法
  • LightToolsやLucidShapeなど照明シミュレーションソフトへの取込をどう活かすのか
  • 具体的に当社から提案できる測定器のラインナップ
について説明しております。

目次

  1. 測定データによって向上する照明シミュレーションの精度
  2. 散乱測定に活用できる測定器
  3. 表面反射測定に活用できる測定器
  4. 配光測定に活用できる測定器
  5. 輝度/色度/分光測定に活用できる測定器

資料サンプル

 

 


お問い合わせ