Multi-order Retarders and the Mystery of Retardance Discontinuities
マルチオーダ位相差板と位相差不連続性のミステリー

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

Garam Young, Russell A. Chipman
R&D Engineer, Optical Solutions Group, Synopsys, Inc. 199 S Los Robles Ave. Suite 400 Pasadena CA 91101
Professor, College of Optical Sciences, University of Arizona, 1630 E University Blvd. Tucson AZ 85721

複数素子による高次位相差板により位相差スペクトルは整数波長の位相差を避けているように見えます。ミューラー行列のスペクトルは連続ですが、位相を折り返さないようにするためには不連続性を導入しなければなりません。位相の非折り返しアルゴリズムを開発します。

使用ツール
照明設計解析ソフトウェア LightTools

 

 


お問い合わせ