IODC 2014 Illumination Design Problem - The Cinderella Lamp
IODC2014 照明設計問題:シンデレラランプ

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

William J. Cassarly
Synopsys, 3280 East Foothill Blvd, Suite 300, Pasadena, CA, USA 91107-3103

3回目になりますが、the International Optical Design Conference (IODC)では照明設計コンテストを催しました。今年のコンテストでは、1950年のウォルトディズニー映画「シンデレラ」を映写するための照明器を光学部品の骨董品箱を使って設計するという問題が出題されました。問題のゴールは、均一性が30%以上になるという条件で、スクリーン上で最も明るいルーメンの値を得るというものでした。3カ国から12のエントリーがあり、3つの商用の光学/照明設計ソフトウェアが使用されました。優勝者Alois Herkommerによる解では、スクリーン上で371ルーメンが得られました。

使用ツール
照明設計解析ソフトウェア LightTools

 

 


お問い合わせ