The Impact of Approximate Modeling on Simulation Results
シミュレーション結果における近似モデリングの影響

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

Steffen Ragnow
Synopsys Inc., Paderborn, Germany

自動車用ヘッドランプやテールランプのような複雑な光学系において、光の分布を計算したり写真のようなシミュレーション結果を得たりするために厳密なシミュレーション方法を使用するとは時間が非常にかかります。ここではシミュレーション時間を減らすために異なるシミュレーション方法とオプションを紹介します。シミュレーション結果の効果や限界に関する情報も提示します。計算時間とシミュレーション精度の最適なバランスを見つけるために重要なのは、どのパラメーターが利用できるか理解することです。
シミュレーションの速度と精度のバランスをとることは、どんなシミュレーションにおいても必要です。ソフトウェアやハードウェアのオプションを利用することで、これを改良することが可能です。ハードウェアは著しい速度向上を提供できるかもしれません。しかし、ソフトウェアによる方法はバランスを取るための様々なオプションを提供します。これは特定の状況において効果があるかもしれません。シミュレーションにおける近似面モデリング法における精度の問題もまた考慮すべきです。これに関してもこの論文で扱います。

キーワード:Computer Aided Lighting(CAL)、ヘッドランプ設計、テールランプ設計、光線追跡、光分布

使用ツール
自動車用照明設計プラットフォーム LucidShape

 

 


お問い合わせ