LiDAR(レーザーレーダー)のシミュレーション手法
〜霧の影響による反射光遅延の検証〜

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

本資料をおすすめの方

・LiDARの設計/開発をしている方
・LiDARの評価をしている方

概要

LiDARは、濃霧など悪条件において、人の目やカメラよりも高い認識率で、周囲の状況を把握する運転支援技術として、注目されています。
そのLiDARの設計/開発/評価に関し、本資料では、霧の影響による反射光遅延の検証を例に、パルス発光レーザーの受光部における応答波形を得るシミュレーション手法(シミュレーションソフト上で測定空間のモデリング、光線追跡を実施等)と、そこから得られる結果の処理に関する手法をご紹介しております。

(1)光線追跡のイメージ図

本事例に関連する、おすすめ事例資料

LiDARの小型化・簡素化と、垂直方向の検知精度向上に活用できるニアフィールド配光測定

LiDARの小型化・簡素化の実現を目指す一方で、課題となる検知精度向上に対し、垂直方向のピッチを最適化するソリューションを紹介しております。

光学測定ソリューションによって実現する高精度の照明シミュレーションと実物評価

照明シミュレーションの精度を向上するソリューションを紹介しております。

資料サンプル

本資料に関連するLightToolsのおすすめ機能

パラメーター感度機能

キーワード

LiDAR、レーザーレーダー、反射光遅延、パルス発光、光線追跡、Time of Flight、TOF、赤外、距離、雨、霧、センサー

使用ツール
照明設計解析ソフトウェア LightTools

 

 


お問い合わせ