超小型リモートセンシング衛星PRISMの迷光解析

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

東京大学 宮村様

近年大学を中心として超小型衛星の開発が行われている。民生品を利用して衛星を製作することにより、新規技術の宇宙実証を行うことが現実的になる。我々の研究室では超小型リモートセンシング衛星PRISM の開発を行っている。PRISM では、打上時には折りたたんだ望遠鏡を軌道上で展開する構成であり、バッフル、フードで効率的に迷光を防ぐ必要がある。LightTools を用いて光学系のモデルを作成し,迷光解析の準備を開始した。

使用ツール
照明設計解析ソフトウェア LightTools

 

 


お問い合わせ