Optical Solution Conference 2008 講演資料 半導体量子ナノ構造を用いた光制御デバイス

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

横浜国立大学 大学院工学研究院 准教授 荒川 太郎 氏
近年の光通信ネットワークの発展に伴い、光ネットワーク用デバイスの更なる高速化、高機能化の要求が高まっており、様々な機能を有する光制御デバイスの研究・開発が進められている。
本講演では、量子井戸、量子ドットなどの半導体量子ナノ構造を有する光制御デバイス(光変調器,光スイッチなど)技術の最近の進展について、当研究室の研究成果も交えて紹介する。

 

 


お問い合わせ