光学系の複合設計/解析 (2002年度)

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

株式会社ジェネシア 金井様

特殊環境光学系あるいは高精度光学系の設計には、光学CAD(CODE VやLightTools)と構造CAD(機構設計/構造解析/熱解析)の複合利用が必須となります。各CADデータを統合した設計/解析により、光学系を構成する光学部品と機構部品の最適化が実現されます。光学CADと構造CADを複合した光学系の設計/解析手法とその事例について紹介します。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

 

 


お問い合わせ