Considerations for selecting a retrosphere in interferometric optical testing of objectives (干渉計による光学検査におけるレトロ球面の選択) (2010年) ※英文資料

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

J. Michael Rodgers
レトロ球面(凸面ボールミラーもしくは凹面ミラー)は干渉光学検査での使用にうってつけの光学素子です。しかしレトロ球面を使用すると、いくつかの条件において、フレネル回折の影響により干渉が不鮮明になります。回折ビームの伝搬解析を行ったところ、結果から光学系のFナンバーの範囲とレトロ球面の曲率半径による影響の程度が判明しました。また、不鮮明さを回避するためのレトロ反射面設計のコンセプトを紹介します。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

 

 


お問い合わせ