口径1.2m薄型フレネルレンズ光学系の温度環境特性の評価

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

埼玉大学大学院 井上様

本研究室では、宇宙線大気光観測の研究を進めています。
昨年度まで、CODE Vを用いて回折レンズによる色収差補正機能を組み込みレンズフレームの遮蔽に関して検討を行いました。
本年度は、実際に1.2m口径の光学系にて野外観測を行った際に、環境温度が光学性能に与える影響を理解する作業を行いました。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

 

 


お問い合わせ