結像型X線顕微鏡光学系

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

東京大学 水谷様

本研究は、X線顕微鏡CT法を用いて、脳神経回路の配線図を組織解剖学的に明らかにし、その神経結合性をデータベース化及びネットワーク解析に付すことで、脳内情報処理機構解明の礎を築くことを目的としています。現在、高分解能かつ高感度なX 線顕微鏡を用いた生体試料の観察に取り組んでおり、シナプスを明瞭に描写できうる高い空間分解能と厚い試料においてもコントラストが付きうる高い感度を両立したX 線顕微鏡の実現を期待しています。CODE Vは結像型X 線顕微鏡で取得される画像のシミュレーションを行い、CT 再構成に必要な生体試料の条件およびX 線結像光学系の条件を導き出すために利用しました。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

 

 


お問い合わせ