デジタルホログラフィにおける撮像素子の量子化による測定誤差の検討

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

日本女子大学 小舘様

光デバイスや生体細胞などの無色透明な微小位相物体の定量的測定を目的として、回折光学素子と同じ光の回折現象を利用した位相シフトデジタルホログラフィを用いた計測システムを提案します。微小な位相変化をもつ試料の位相変化量を定量的に計測するため、撮像素子により量子化された干渉縞を用いて再生される像の強度と位相の誤差について検討を行いました。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

 

 


お問い合わせ