ピエゾアクチュエータによる液体の移動を原理とする高速可変焦点レンズ

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

東京大学 奥様

近年、液体界面を屈折面とした可変焦点レンズ技術が登場し、注目を集めています。我々は可変焦点レンズの高速化を目指して、ピエゾアクチュエータによる液体の移動を原理とする高速可変焦点レンズを提案し、1kHz以上の大域幅を持つことを実証しました。このレンズで採用した高速応答を実現する駆動原理と、実用的な収差量の可変屈折面である液体界面とを組み合わせることとで、高速かつ高解像度の可変焦点レンズである「ダイナモルフレンズ(Dynamorph Lens)の実現を目指した研究をしています。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

 

 


お問い合わせ