〜サブピクセル欠陥、輝度分布、応答特性、フリッカなど〜 高解像度ディスプレイ欠陥_輝度自動検査ソリューション

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

課題


Q. ディスプレイの画素欠陥検査をしているけど、検査員が目視で検査しているため、検査員ごとに判断のバラつきが出てしまう。。。

解決

A. 業務用モニター、スマートフォンなどでは高解像度ディスプレイが利用されており、これらのディスプレイには、欠陥が少なく、輝度の均一性が高いことが必要とされます。ディスプレイ製造現場では、精度高く、かつ安定した検査手法がこれまで以上に求められています。

サイバネットシステムでは目視検査のばらつきを抑えて、コストダウンを図るソリューションをご紹介します。

使用ツール
欠陥検査測定システム FPiS

 

 


お問い合わせ