〜手頃な価格、小型サイズの測定器で散乱測定データを入手可能〜 光学部材の簡易測定、解析ソリューション

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

課題


Q. 光学散乱測定器で競合製品の光学特性比較を行いたいけど、予算や設置場所に制限があり困っている。手頃な測定器はないだろうか・・・

解決

A. 光学製品には望ましい発光状態を実現する部材が必要不可欠です。一方、散乱測定器はゴニオメーターなどの大型サイズのものが一般的で、設置場所の確保は大きな問題となっています。また、導入費用も高額で、簡単には入手できないのが実情です。仏のLight Tec社が開発した「Mini-Diff」では、手頃な価格と、場所をとらない扱いやすいサイズで、散乱測定をすることが可能です。Mini-Diffによる簡易的な測定手法をご紹介します。

使用ツール
小型簡易測定システム Mini-Diff

 

 


お問い合わせ