LED照明機器設計のための計測とシミュレーション まとめ

光学シミュレーション

  • シミュレーション上で、光源の特徴を設定し、それを活かす光学部品を設計することでより良い製品の開発が行えます。
    それにより、
    • 試作品の削減
    • 開発期間の短縮
    • より付加価値の高い製品設計
    が行えるようになります。
  • シミュレーションを行うには、光源や材質など各種データが必要になります。
    • 光源では配光分布が重要
    • 部品表面の荒れによる散乱分布が必要
    • 透明な部材では屈折率などが必要
  • 精度良いシミュレーションは開発効率を総合的に向上できます。
  • シミュレーションソフトを使ったことが無くても、サイバネットがセミナーや技術サポートであなたをバックアップします。

光学測定

  • 光学測定を行う事で、
    • シミュレーション用データを得る事ができます。
    • 製作した機器の評価が行えます。
    • シミュレーションの結果が製品に反映されているかが確認できます。
  • 光学測定したデータをシミュレーションに使用する事で
    • シミュレーションの精度が上がります
    • より良い設計開発が行えます
  • 製作した機器の評価は、評価の内容にあった測定器を選択し、正確で素早い測定ができることが望ましいです。
シミュレーションと測定器は独立しているようでいて、密接に関係しています。
それぞれの結果を照らし合わせる事で、
より良い製品開発に結びつけることができます。
↑LED照明設計トップへ 事例:道路照明(目的と解析)→

詳しい資料を請求する オプティカル事業部
TEL : 03-5297-3703 / FAX : 03-5297-3646
e-mail : optsales@cybernet.co.jp

 


お問い合わせ