LED照明機器設計のための計測とシミュレーション 照明機器の配光を設計するには?
シミュレーションソフトってどんなものがあるの?

照明機器の配光を設計するには?

シミュレーションソフトってどんなものがあるの?

光学設計用のソフトウェアもいくつか種類があります。
  • 結像光学系
    レンズ設計とも言います。カメラレンズやDVDなどのピックアップレンズ、望遠鏡等を対象とします。
  • 照明光学系
    対象を明るく照らしたり、光らせて見易くしたりします。
    液晶ディスプレイのバックライト、プロジェクターや自動車用照明など、結像系以外のものがほとんどこちらに含まれます。
照明機器の設計には”照明設計解析ソフトウェア LightTools”が適しています。
LightToolsは、LEDなどの光源から出た光線の振る舞いをシミュレーションします。そして、リフレクターやレンズなどの部品を介した照射面上での照度値、色度値、また、輝度や光度もシミュレーションすることができます。
使いやすいGUIと精度の高さから、LightTools は光の関連製品設計・開発に従事する多くの方々にご利用いただいています。

>>>照明解析設計ソフトウェア LightTools についてもっと知りたい方
>>>照明解析設計ソフトウェア LightTools について資料請求

←照明機器に適した設計とは? ↑LED照明設計トップへ 特性入力と配光測定→

詳しい資料を請求する オプティカル事業部
TEL : 03-5297-3703 / FAX : 03-5297-3646
e-mail : optsales@cybernet.co.jp

 


お問い合わせ