CODE V 公差解析セミナー

セミナー(有料)

本セミナーでは、CODE V の代表的な公差解析機能である波面微分公差解析法(TOR)の操作方法について、講義および演習を通して、習得することを目的としています。セミナー中は、GUI操作とコマンド操作を併用します。

本セミナーで使用するテキストは、サポートサイトにて公開しています。
該当ページ : FAQ No.27870 CODE V 自習型セミナーテキスト

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

開催概要

  東京 名古屋 大阪
会場 東京本社
セミナールーム
中部支社
セミナールーム
西日本支社
セミナールーム
参加費

(ユーザーの方) 32,400円(税込)/名
(ユーザー以外) 54,000円(税込)/名
お支払方法について(事前にご確認ください)

開催日程に参加いただけない場合、個別の開催も承っています。弊社での開催、オンサイトでの開催が可能です。
弊社開催の場合の費用は、以下の通りです。
半日セミナー :81,000円(税込)、終日セミナー :162,000円(税込)
ご希望の方は こちら よりメールにてご相談下さい。
対象 CODE Vの公差解析機能の内容を理解し、実業務レベルで使いこなしたいとお考えの方。
GUIとコマンド操作を併用するため、知らないコマンドを自力で調べられる方が目安です。

紹介製品

  • CODE V
    光学設計・シミュレーション解析

アジェンダ

CODE V の代表的な公差解析機能である、波面微分公差解析(TOR)の操作方法の習得を目的としています。
公差の種類、コンペンセータの意味や結果の読み方といった基礎的な内容から開始し、講義および演習を通して、TORの設定方法を効率的に習得します。
演習問題は、感度解析、逆感度解析の両方を用意しており、これらを自力で進めて頂くことでTORの基本操作に習熟頂きます。
最後に、応用実習としてListerの顕微鏡対物レンズを用いた公差解析を行い、公差解析に対する理解を深めます。
本セミナーでは、GUI操作とコマンド操作を併用します。

TOR機能について

  • 公差の種類とコンペンセータ、出力結果の読み方
  • 感度解析の実行手順
  • 逆感度解析の実行手順
  • 会話型公差解析

公差解析事例を用いた実習

  • Listerの顕微鏡対物レンズを用いた公差解析

※本セミナーでは、TOLFDIF, TOLMONTE は取り扱いません

 


お問い合わせ