CODE V入門セミナー

入門セミナー(有料)

結像光学系におけるCODE Vの基本的な使用方法について学びます。

このセミナーは、初めてCODE Vを使用される方を対象としています。
1人1台体制でCODE Vを操作できるPCを用意していますので、集中的にCODE Vの操作を習得頂けます。CODE Vを使う上で知っておくべき知識の紹介だけでなく、モデリング、各種解析、簡単なレンズの最適化といったテーマで、実際にCODE Vを操作する時間を多く用意しています。基本的に、テキストに沿って進行しますので、ご自身のペースで進めることも可能です。不明な点をすぐに講師に質問できるため、疑問はその場で解決します。

<共通券について>
・共通券は1セミナーにつき、お一人様1枚ご持参ください。
・共通券は1枚で同行者1名様まで受講可能です。
・共通券には有効期限がございます。共通券の裏面をご確認ください。
セミナー別共通券ご利用案内

このセミナーで使用する資料はCODE Vユーザー向けに公開されています。
セミナーの開催日程や場所がご都合と合わない場合は、本資料を利用してセミナーで紹介する機能を習得いただけます。
CODE V 日本語マニュアル
※閲覧には事前にユーザーサポート登録が必要です。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

開催概要

  東京 名古屋 大阪
会場 東京本社
セミナールーム
中部支社
セミナールーム
西日本支社
セミナールーム
参加費 (ユーザーの方) 32,400円(税込)/名
(ユーザー以外) 54,000円(税込)/名
お支払方法について(事前にご確認ください)
対象 CODE Vをこれから利用される方
備考 <共通券について>
・共通券は1セミナーにつき、お一人様1枚ご持参ください。
・共通券は1枚で同行者1名様まで受講可能です。
・共通券には有効期限がございます。共通券の裏面をご確認ください。
セミナー別共通券ご利用案内

紹介製品

  • CODE V
    光学設計・シミュレーション解析ソフトウェア

アジェンダ

CODE Vを利用した結像光学系の設計、解析の基本的な概念や使い方をご紹介します。
1人1台体制のPC環境下で、実際にCODE V を操作しながら基本的な使い方を習得いただけます。

1.CODE Vの紹介、使用するにあたって必要な知識 、インターフェース

2.モデリング

  • CODE V上でモデルを組み上げる際に必要な考え方
  • 1〜3枚のレンズで構成される光学系のモデリング
  • 反射、偏心、ズーム光学系の取り扱いとモデリング

3.評価

  • 一般的な解析:
    2D/3D描画、実光線追跡、CADエクスポート、フットプリントプロット
  • 主に結像系向けの解析:
    縦/横収差図、スポットダイアグラム、MTF、IMS(2次元像シミュレーション)
  • 主にレーザー光学系向けの解析:
    瞳マップ、PSF、BSP、ファイバー結合効率

4.最適化

3枚のレンズで構成されるモデルを使い、最適化を実施して性能向上を図ります。
最適化を使う上で必要な知識(評価関数、コンストレインツ、他)、最適化サイクル 終了時に見るべきポイントなども説明しつつ、最適化のプロセスを体験します。

 


お問い合わせ