特別セミナー(無料)

LightTools 特別セミナー 2015(西日本・中部)

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

※参加お申し込みの受付は終了しました。

開催概要

  名古屋 大阪
会場 中部支社 セミナールーム 西日本支社 セミナールーム
主催 サイバネットシステム株式会社
定員 12名
参加費 無料(web事前登録制)
対象 ユーザーの方、LightToolsをこれから利用される方
備考

こちらは10/20(火)開催のLightTools特別セミナー2015(東京)を簡略化したセミナーです。
※ユーザー事例発表は行いません。
※Synopys社のエンジニア発表ではなく、弊社技術スタッフからのご紹介となります。
※スケジュールの都合上、内容を短縮する場合がございます。
LightTools特別セミナー2015(東京) 情報ページ

直前にセミナー内容を一部変更させて頂く可能性もございます。
また、当日は講演時間が前後する可能性がございます。予めご了承の程、お願い申し上げます。

アジェンダ

13:00〜13:05 挨拶
13:05〜13:20 LightTools 8.3 新機能紹介
13:20〜14:05 LightTools 高度設計モジュール: 自由曲面設計ツール
14:05〜14:15 休憩
14:15〜15:00 LightToolsの効果的な利用方法: 使い方のヒントやこつ
15:00〜15:45 光の視覚化: LightToolsの輝度と色
15:45〜15:55 休憩
15:55〜16:30 LightToolsを用いた手術用ランプの設計: 技術的な研究
16:30〜17:00 将来計画
17:00〜17:05 連絡事項 / 閉会挨拶

アブストラクト

LightTools 8.3 新機能
LightTools 8.3ではLightToolsで出来る事の範囲を広げ、使い勝手を良くするための様々な機能強化が行われています。ここではLightTools 8.3で追加された新しい機能を紹介します。具体的には新しい高度設計モジュール、温度依存蛍光体モデリング、ユーザー定義体積散乱、ライトガイド設計ユーティリティ、使い勝手の向上などを紹介します。
LightTools 高度設計モジュール: 自由曲面設計ツール
新しい高度設計モジュールの特長は自由曲面光学系の設計機能にあります。具体的には、自由曲面のレンズとリフレクター、テーラリングされた(光の出射分布に適合した)セグメントミラーやレンズアレイ、LEDコリメーターレンズを、このモジュールで設計できます。ここではこれら新しい機能の特徴や詳細な使い方を、デモンストレーションを交えて紹介します。
LightToolsの効果的な利用方法: 使い方のヒントやこつ
これは様々なヒントやこつを紹介するプレゼンテーションの2015年バージョンです。ここでは毎年、設計の役に立つLightToolsの使い方やテクニックを色々紹介しています。今年は目標領域、レイパス機能、片側だけの光学特性、複数光源の解析、プロットユーティリティの使い方について紹介します。
光の視覚化: LightToolsの輝度と色
モデルにおける照明状態を正確に表現する画像の作成はコミュニケーションや技術的な観点において重要なタスクです。ここではLightToolsで輝度画像を得るためのテクニックを紹介します。また、カラーや白黒の画像をモデル内に光源や反射エレメントとして直接定義するためのテクニックについても紹介します。
LightToolsを用いた手術用ランプの設計: 技術的な研究
この外科手術用ランプの設計事例はSynopsysのオプティカルソリューショングループ(LightTools開発元)の中のエンジニアリンググループが取り組んだものです。仕様や設計におけるトレードオフを調査した上で、基本的な設計アプローチを紹介します。ベースとなる構成を、高度設計モジュールの異なる機能を用いて、複数作成しています。
将来計画
ここではLightTools開発における短期的な将来計画を紹介します。このプレゼンテーションでは現在開発中の新しい機能のデモンストレーションも行います。

 


お問い合わせ