CODE V特別セミナー 2018(西日本・中部)

特別セミナー(無料)

大阪・名古屋のユーザーの方を対象に、東京開催のCODE V特別セミナー2018でSynopsys社が発表した内容に準じたプレゼンテーションを行います。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

開催概要

大阪 名古屋
会場 西日本支社 セミナールーム 中部支社 セミナールーム
主催 サイバネットシステム株式会社
定員 18名 12名
参加費 無料(web事前登録制)
対象 ・CODE Vユーザー様
備考 こちらは11/14(水)開催のCODE V特別セミナー2018 [東京]を簡略化したセミナーです。
※ユーザー事例発表は行いません。
※Synopsys社のエンジニア発表ではなく、弊社技術スタッフからのご紹介となります。
※スケジュールの都合上、内容を短縮する場合がございます。
直前にセミナー内容を一部変更させて頂く可能性もございます。
また、当日は講演時間が前後する可能性がございます。予めご了承の程、お願い申し上げます。

お申し込みに関する注意事項
下記の場合には、セミナーご参加をお断りさせて頂く場合がございます。
該当のお客様には、セミナー開催日の1週間前までに別途メールでご案内をさせて頂きます。
ご理解の程お願い致します。
定員数に達した場合
最小催行人数に達しない場合
ベンダー様、競合企業様
個人でお申し込みのお客様

アジェンダ

13:00〜13:05 連絡事項 / 開会挨拶
13:05〜13:50 CODE V 11.2新機能紹介
13:50〜14:35 CODE Vにおける回折面のモデリング
14:35〜14:45 休憩
14:45〜15:45 強化版ENVPIKマクロを利用したアサーマル最適化
15:45〜16:15 CODE V Tips & Tricks
〜ユーザー定義公差解析とユーザーインターフェースのカスタマイズ〜
16:15〜16:25 休憩
16:25〜17:10 CODE VとLightToolsを用いたARデバイスの設計事例
17:10〜17:25 CODE V将来計画
17:25〜17:30 連絡事項 / 閉会挨拶

アブストラクト

CODE V 11.2新機能紹介
最近リリースされたCODE V 11.2の新機能をご紹介します。
CODE V 11.2では以下のような機能が利用可能になりました。
  • SpecBuilderのインターフェースが強化されました。新しい仕様がいくつか追加され、また、仕様のテーブルを簡単にすばやく作成できるようになりました。
  • 最適化の特定コンストレインツ(制約条件)のユーザーインターフェースが改良され使いやすくなりました。
  • 正確なエンサークルド/エンスクエアードエネルギー計算ための機能強化が行われました。解析、最適化、公差解析に活用できます。
  • 機構的な最適化コンストレインツが新しくなり、より現実的な部品直径の計算を行えるようになりました。
  • 多層膜ファイルの暗号化に対応しました。
  • 新機能「アパチャーの表示」は、複雑な形状のアパチャー作成に役立ちます。
  • Asphere Writerユーティリティにより、非球面形状データを製造装置のためのフォーマットで出力できます。
  • その他多数
CODE Vにおける回折面のモデリング
CODE Vでは回折特性を、ユーザー定義面を含む任意の形状の基板面に適用することができます。サポートされる回折素子には、線形回折格子、回折位相板(キノフォーム、バイナリオプティクス、「薄い」計算機合成ホログラムなど)および厚い体積ホログラムがあります。
本発表では、回折光学素子を使用したアプリケーションの概要と、回折素子のCODE Vでのモデリング、解析および最適化についてご案内します。その他のトピックとして、回折効率、複数の回折次数の解析、回折光学のための便利なマクロ群、を取り上げます。
強化版ENVPIKマクロを利用したアサーマル最適化
ENVPIKマクロツールは、元々SynopsysエンジニアリンググループのJohn Rogers博士により作成されたもので、200℃に渡る温度範囲で性能変化を小さくすることが必要なアサーマルな光学系の最適化を支援します。
このツールは最近アップグレードされ、アパチャーサイズに対するマウント位置拡張度合いの素子ごとの設定、マウント位置のZオフセット、貼り合せ部品の温度スケーリングの改良、鏡筒に対する複数の熱膨張係数(これは熱膨張係数の温度依存性の定義を含みます。)などを扱う機能が追加されました。
この発表では、アップグレードされたENVPIKマクロについて紹介し、設計の実例を説明します。
CODE V Tips & Tricks
〜ユーザー定義公差解析とユーザーインターフェースのカスタマイズ〜
この発表では、CODE Vをより効果的に使うための様々なTips & Tricksをご紹介します。
今年は、公差解析とユーザビリティに焦点を当てます。トピックは以下のものを含みます。
  • ユーザー定義公差解析を使った複数の性能評価指標の管理
  • 公差解析出力のカスタマイズ(MTFの複数回試行や公差敏感度のパレート解析など)
  • CODE Vインターフェースのカスタマイズ
  • CODE Vウインドウの管理
  • その他
CODE VとLightToolsを用いたARデバイスの設計事例
ARおよびVRシステムは、設計、解析、パッケージングにおいて特別な課題を提示します。この事例発表では、自由曲面を使ったARデバイスの設計と解析について説明します。特に、自由曲面の効率的な最適化のテクニックについて、得られた設計結果の性能の解析とともに示します。
次に、完成した設計をLightToolsにインポートし、背景と合成した空間輝度画像を作成してARデバイスのビジュアル表示をシミュレートします。
CODE V将来計画
CODE Vの将来のリリースのために現在行っている開発についてご紹介します。

 


お問い合わせ